視線恐怖症の原因は他人を馬鹿にしているから

視線恐怖症の原因は他人を馬鹿にしているから

006_beauty_human_lifehack

視線恐怖症(他者視線恐怖症)は人の視線が感じられる場所に出ると膝や声の震え・赤面・頭が真っ白になるような状態です。「皆自分のことを見ている!」そう思うと、その場から逃げ出したくなります。

スポンサード リンク

視線恐怖症(対人恐怖症)とは

例えば、セミナーなどで大勢の後ろの席から発表するときは全く緊張しないのに、前に出て話すと、とたんに緊張するんです。とにかく「見られているとき」だけに緊張する。だから対人恐怖症とは少し違う。

視線恐怖症は、自分が人から見られているように感じ緊張してしまう、人の視線が気になり、ぎこちなくなってしまう、周りの人目が気になるために目の前のことに集中できなくなってしまうというような形で現れてくる症状です。

視線恐怖症(周りの人目が気になる)

10人に1、2人がかかる病気

こちらによると1割の人が抱えている病気とのこと。

体の緊張や震えで日常生活もままならない場合には、「対人恐怖症」の可能性があります。じつは、10人に1、2人がかかるといわれるほどポピュラーな病気です。

対人恐怖症 - 社会不安障害

視線恐怖症の原因

劣等感が強かったり自信がないと視線が怖くなる。

視線恐怖症の場合は、他者の視線に対する「とらわれ」が原因だと考えて良いと思います。つまり、人から見られているのではないかと感じた時に、自分のみすぼらしさや見栄えの悪さなどの劣等感や自信のなさのために、相手から自分が変に思われているとか、嫌われていると感じてしまうものなのです。

視線恐怖症(周りの人目が気になる)

視線恐怖症は治る

明確な目標を持ち行動することによって治った人もいるようです。

明確な目標を持って中途半端にならないように本気で取り組むと自信が出てきて視線恐怖症は治ります。というか、もともと視線恐怖症なんてありません。

対人恐怖症が治りました

他人に対して警戒心や恐怖心を持っていると視線が怖くなります。怒りや不安といった感情は「恐怖心」が作るので、恐怖心が芽生えると怒りや敵意を持つようになります。

あれが怖い
これが嫌

そう思っていると、怒りや警戒心が強くなります。

他人を馬鹿にしている自分に気づくこと

他人は自分を写す鏡という言葉がありますが、自分が他人を馬鹿にしていると「自分が馬鹿にされている」と感じてしまいます。そうすると他人から見られるのが怖くなってきます。

投影

投影とは自分の悪い部分を自分で認めたくないから、他人に悪い部分を押し付けることだと書いてありました。

投影は日常生活においてよく起こっている。例えば、なんとなく嫌いだった人物が、実は自分の否定的な、認めたくない面を体現していたなどである。

投影 - Wikipedia

他人の嫌な部分を観察すると意外と「自分の悪い部分だった」と気付かされるかもしれませんね。視線恐怖症なども自分で引き起こしていたことなんだと分かります。普段の生活の中で他人に対しての敵意や批判などの攻撃性が、自分に返ってきていたのかもしれません。

他人の悪い所だけ見て、他人を認めることが出来ない人は、自分に対しても他人から認められるイメージが湧かない。

それなら他人の良い所を発見し、認めることから始めてみる。そうすると「自分は他人から認められている」と良いイメージを持つことができる。次第に他人が怖くなくなる。

他人を気にし過ぎている人は自分を見ていない人

自分と他人を比べることにより自分の価値を決定している。それに気づくだけでも、競争心や嫉妬心は軽減でき、恐怖心も和らぐでしょう。

他人は他人、自分は自分
他人を見るのでなく、自分を注視する
他人の気になるところは、自分の悪いところ

つまり他人は幻想でしかなく、自分の姿そのものなのです。

記事作成日: 2014年12月1日 / 最終更新日:2015年3月28日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク