仕事のやる気を出す方法!嫌な作業を始めるコツ

仕事のやる気を出す方法!嫌な作業を始めるコツ

steps-388914_640_lifehack

仕事をしている筆者にとって、やる気や情熱は最も大切な要素です。モチベーションを上げる方法は色々ありますが「どうやってもやる気が出ない」時ってあるんですよね。

スポンサード リンク

特に成果が見えにくいもの。すぐにお金や評価に繋がらないことなど。でもこれが出来たら素晴らしい人生を送れるんだろうな…と思いつつ、今回は筆者が応急処置的に使っている「やる気を高める」方法をツラツラと書いていきます。

期限が決まっているタスクをやる場合は、否が応でもやらざるを得ない。それでもやる気が出ない時に困るんです。期日が迫っているのに出来ない、やりたくない。そんな時に筆者が行う方法はこれ。

1時間ほど、興味のあるタスクを行う

シンプルですね、多分あなたは拍子抜けしたでしょう。興味があること、好きな作業を行うことでエンジンをかけようという魂胆です。しかしこれが意外と効果的。温まったエンジンで、そのまま嫌な作業に突入します。

imac-464738_640_lifehack

筆者は、週1回でWebデザイン関係のブログを更新していますが、もうね、全然やる気が出ない、更新は続けたいんだけど自分では更新したくない。スタッフを雇って書かせたとしても時間がかかるし、どうしたものか。

というのも、デザインブログは結構な知名度があり購読者も多いので、デザイン以外のことは書かないようにしています。なので自分の考えや好きなことなんて書けない、間違ったことも書けない…という風に「プレッシャー」があり苦痛になります。

でも週1回はデザインブログを更新すると決めているので絶対に執筆しないといけない。

エンジンをかけやる気を出すために、好きなライフハック系ブログを書くようにしています。スリムキューという今表示されているブログですが、筆者が好きなことを書くようにしています。

pen_paper_hires_lifehack

ダイエットや仕事、ライフハックなど思いついたことを書くので記事を書いている時は結構楽しいんです。ライフハック系の記事を書き終えた後は「ブログ脳」になっているので、そのままの勢いで先ほど私が嫌がっていたデザイン系ブログを書いていきます。

そうすると、すんなり出来るんですよね。やる気が上がるというか「嫌な仕事に対する免疫がついている」ような感覚です。

コツは関連タスク行うこと

ブログを書かないといけないならば、他のブログを書く。コーディングが必要なら少しCSSをいじってみる、提案書が必要なら企画提案の本を読んでみるなど、関連タスクを行うことでエンジンがかかり、やる気へと繋がります。

仕事以外でも使える
もちろん仕事以外でも応用出来ます。部屋の掃除をしないといけないなら机の上だけ整理整頓してみる…など生活でも使えます。

もし、あなたのやる気が出ないなら「簡単で少し興味がある関連タスク」を行ってみることをおすすめします。

記事作成日: 2014年11月16日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク