成長ホルモンとは。成長ホルモンと効果と増やし方

成長ホルモンとは。成長ホルモンと効果と増やし方

年齢を重ねるにつれ成長ホルモンが減るので、覇気がなくなり集中力・記憶力も低下してきます。今回は成長ホルモンとは何なのか、また成長ホルモンの効果的な増やし方を書きます。

スポンサード リンク

成長ホルモンとは

成長ホルモン(Human Growth Hormone)は、視床下部の脳下垂体を中心として分泌される成長を促進させるホルモンであり、活力・精力・免疫力を増やす生命エネルギーです。中年から高齢者の方は若返り、若い人は身長が伸びるなどのメリットもあります。

年をとるにつれ減少していき老人になるとほとんど出なくなりますが成人してからも分泌され代謝促進や筋肉をつけたり、脂肪を分解するなどの役割を持ちます。

成長ホルモンの効果

成長ホルモンの効果は以下のとおり。

  • 集中力が高まる
  • 記憶力が高まる
  • 筋肉量を増やす
  • 脂肪分解を促進する
  • 性欲が高まる
  • 免疫力が高まる
  • 骨を成長
  • 身長を伸ばす
  • バストアップ

逆に成長ホルモンが減少すると

  • ボーっとしやすくなる
  • 疲れやすく、ため息が多くなる
  • 脂肪がつきやすい
  • 性欲がない
  • 物忘れが多くなる
  • やる気がおきない、情熱のようなものがない
  • うつ状態
  • 寝付きが悪い

など若い時のようにみなぎるエネルギーがなくなります。

成長ホルモンの分泌時間

「成長ホルモンは夜の22時から2時に分泌される」と言う人もいますが、私は学生時代に夜更かしすることが多く夜の3時くらいにいつも寝ていましたが、他の生徒より筋肉が発達し身長も高いほうだったので「夜の22時から2時に成長ホルモンが出る」というのは、どうも違うような気がしていました。

最近の研究によると、時間帯ではなく、最初の3時間が肝という情報もありますが、睡眠時間や深さによって成長ホルモンの分泌は左右されるというほうが、信憑性がありそうですね。

以前は成長ホルモンの分泌による肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる時間は夜10時〜深夜2時だと考えられていましたが(中略)眠りについてから最初の約3時間にどれだけぐっすりと深く眠れるかがポイントになります。
間違った「睡眠のゴールデンタイム」 | 眠りのお話|眠りの専門店 市田商店"

成長ホルモンを増やす

ハリウッドでは若さ美しさを保つため、人工的に生成された成長ホルモンを充填する方法を使う俳優、女優が多いといいます。
ハリウッドスターも欲しい成長ホルモン : 岐阜の加圧トレーニングReal Style"

ハリウッドスターは人工的に作られた成長ホルモンを打つ人もいるそうです。一時的にはよいかもしれませんが、ホルモン注射と同じで、長期間、外部から摂取し続けると自分で補填できなくなりそうな気もしますね。

外部から摂取しなくても、己の力のみで成長ホルモンを分泌する方法があります。

成長ホルモンを増やす方法をリストアップするとこちら。少し解説しましょう。

  • 筋トレ
  • スロートレーニング
  • フィッシュオイルのオメガ3は成長ホルモンの分泌を促す
  • アルギニン(玄米・鶏胸肉・卵・納豆)摂取
  • シトルリンはアルギニンに変わり成長ホルモンを増やす
  • 舌の下にHGAスプレー

舌の下にスプレーするだけで成長ホルモンを増やすタイプもあります。これなら簡単ですね。

コンパウンド種目の筋トレを行う

成長ホルモンを増やす方法としてボディービルダーが行う筋トレBIG3は最適です。強度の高い筋トレで筋肉を傷つけると成長ホルモンが分泌されます。ボディービルダーが行うBIG3は

  • ベンチプレス
  • デッドリフト
  • スクワット

の3つです。この3種目をやっておくと多くの補助筋肉がつかわれるので全身の筋肉を鍛えることができます。バーベルを扱えないようであれば、ダンベルで代用できます。

スロートレーニング

スロトレをすると成長ホルモンが20代の時と同じくらい出るそうです。コンパウンド種目ができない場合、スロートレーニングが有効です。

筋トレのインターバルは1分以内にするとよいです。1分インターバルをとると3分の時の8倍の成長ホルモンが出るとのこと。

筋トレのインターバル 短い時間が効果的な理由。長いとダメ!! – あかり整体院

スロトレは「ゆっくり関節を伸ばしきらず行う」こと。スロートレーニングの効果で成長ホルモンは、通常時の数百倍で、その分泌量は思春期の分泌量と同じくらい。スロトレとは「高負荷筋トレをしている」と脳を騙す運動なのです。

家に器具等がない場合は、スクワットをノンロック(関節を伸ばしきらない)でゆっくり行うとよいです。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で成長ホルモンの合成を促進します。サプリ以外では食物から摂取可能。アルギニンは玄米・鶏胸肉・卵・納豆・エビ・マグロなどに多く含まれているので毎日の食事で取り入れるとよいでしょう。

シトルリン

シトルリンもアルギニンに変換されるので成長ホルモンを分泌させることができます。スイカなどにも含まれますがサプリで摂取したほうが早いですね。

カカオ

チョコレートに含まれるフラバノールの摂取により、 50歳から69歳の被験者37名において、特定のタスク完了にかかる時間を測定したところ、 「脳の血流を改善し、30年の脳の若返りと同等の効果があった」と述べています。一酸化窒素には、 「血管を拡張させ血流を良くする働き」と「成長ホルモンの分泌を促進する働き」がある
血流改善に効果のある食べ物・サプリ"

チョコレートは脳の血流を改善し、一酸化窒素を増加させます。一酸化窒素は成長ホルモンを増やすそうです。

記事作成日: 2017年11月6日 / 最終更新日:2017年11月7日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク