ミニスーパーファミコンを買ったので開封してレビュー

ミニスーパーファミコンを買ったので開封してレビュー

本日、2017/10/05にミニスーパーファミコン(ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン)が発売されたので、早速今日入手しました。レビューと開封の儀を行います。

スポンサード リンク

ミニスーパーファミコン 開封

ミニスーパーファミコンの箱は小さく軽いです。右側がUSB ACアダプターでこちらは別売りです。

裏面はミニスーパーファミコンのタイトルラインナップ一覧と特徴が書かれてあります。

箱から全て出してみました。本体・コントローラー・ケーブル・説明書が入っています。

初代スーパーファミコンと大きさを比較してみました。1/4くらいの大きさになっています。もちろん軽量です。ロゴや細部は完璧に再現されています。凄いですね。

おや、コントローラーを差し込む所がありません。

実は、下部から蓋をスライドさせて開くようになっています。

さて、初代スーパーファミコンと全体を比較してみます。

なんと、コントローラーは初代と完璧に同じ。これは嬉しいですね。おそらく、ミニファミコンの時のユーザーの要望を汲んでくれたのでしょう。

ワクワク・・・。地デジのテレビに接続。バッチリ映りました。初代同様、電源を入れると赤いランプもつきます。

接続方法はミニファミコンと同じなので分かると思います。

ミニファミコンと同じように横スライドでタイトルを選んでいくスタイル。中断ポイントを作ることもできます。

ミニファミコンとスーパーファミコンミニのツーショット。

F-ZERO。

スーパーストリートファイターⅡ。

マリオカート。

がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻。

スーパードンキーコング。

聖剣伝説2。

スーパーマリオワールド。

遊んでみた感想

当然の話しですが、スーパーファミコンはファミコンと比べて解像度が高くなり、立体的なUIを採用しているタイトルが多いので、ミニファミコンと違って、大きなモニターで映すとと画像がぼやけて映ります。まぁ、これは初代スーパーファミコンも同じなので仕方ないですね。

ラインナップは、そもそもなんでこのタイトルを入れたんだ?と思うものもありますが、(スーパーフォーメーションサッカーなど)

参考:2017年10月5日に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売

アクションの他にRPGも充実していたので、結構長く遊べそうです。

記事作成日: 2017年10月5日 / 最終更新日:2017年10月10日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク