男性ホルモン増加!テストステロンを多く含む食べ物

男性ホルモン増加!テストステロンを多く含む食べ物

OZP_benchidesyatu1188_R

テストステロンを多く含む食べ物

成功している人が元気な理由は?なぜ、あんなにアグレッシブなのだろうか?

その答えは「テストステロン」です。こちらの記事によると「テストステロンとは、精巣、卵巣などの「生殖器」から分泌される男性ホルモン(アンドロゲン)と呼ばれる刺激ホルモンのひとつです。」と書いてあります。

スポンサード リンク

以下のような症状がある人は間違いなくテストステロンが足りていません。

  • やる気がでない
  • 生殖器の反応がわるい
  • 声が高い
  • 消極的
  • 鬱気味
  • 目標が見つからない
  • 好奇心が少ない
  • 失敗を後悔する
  • 緊張しやすい
  • マイナス思考

男性ホルモンを増やすと、活動的になり鬱の改善にもなります。男性ホルモンのもとである「テストステロン」を増やす食材をピックアップしてみました。男性のかたはED治療に、女性のかたはパートナーに食べさせてよい関係を保ちましょう。

OZP_benchidesyatu1188_R

卵とキャベツ、ブロッコリー

protein

卵にはコレステロールが含まれていますが、テストステロンも合成されます。またキャベツやブロッコリーなども積極的に摂取しましょう。またブロッコリーには胃の障害を緩和する効果もあるので胃の調子が悪いなと感じたときは、お弁当の中にでも入れておくといいかもしれませんね。

cabbage

牛肉(赤身)

脂肪をできるだけ避けて、牛肉の赤身を摂取することでテストステロンの分泌を促進させます。牛肉はスーパーなどで簡単に入手できる食材のひとつ。脂肪分の少ない赤身を積極的に食べましょう。

玉ねぎ

タマネギに含まれる含硫アミノ酸がテストステロンを上げることがわかっています。生玉ねぎを食べるのが一番効きますが、匂いが強いので熱を通して食べるのが無難でしょう。

アボガド

森のバターだといわれるほど栄養が豊富なアボガド。20%が脂肪なので食べ過ぎはよくないですが、血液サラサラ効果やお肌の艶をよくしてくれたりと万能な食べ物です。

アスパラガス

以下の記事によると「アスパラガスには性欲を高める効果があり、3日間続けて食べると絶大な効果が発揮される」とのことです。

山芋

疲労回復やホルモン分泌の改善、消化不良の改善を行います。

記事作成日: 2014年3月11日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク