老化防止に!寿命に関係するテロメアを伸ばすためにすべきこと

老化防止に!寿命に関係するテロメアを伸ばすためにすべきこと

Couleur / Pixabay

アラフォーになると、体の不調やシワ・タルミが増え「老化」について真剣に考え、若返りたいという願望を持つようになります。今回は老化と寿命に関係するテロメアを理解し、老化を防止するためにやるべきことをまとめました。

スポンサード リンク

テロメアとは

テロメア(telomere)とは老化と寿命に関係する染色体の先にある粒子で、染色体を保護し染色体同士の先が接着されるのを防いでます。赤ちゃんのときが一番長く加齢とともに減少していきます。

人間は老化するにつれ細胞分裂を決められた回数(50回説がメジャー)だけ繰り返し、少しずつ短くなっていきます。そうすると細胞も老化するというわけです。不死身の細胞であるがんを防ぐとされています。

つまりテロメアは染色体が解けるのを防いでいるカバーのようなもので、これが短くなると細胞分裂が停止してしまうのです。テロメアが短い人は病気になりやすいという研究報告もあります。

こちらの動画に出てくるLizという人が遺伝子治療を行った人ですが、確かに若くみえますね。

テロメアとサーチュイン遺伝子

また見た目、いわゆる顔のたるみやシワはサーチュイン遺伝子を活性化させればテロメアの減少を抑えることが可能とのこと。サーチュイン遺伝子は老化を防ぐタンパク質です。

サーチュイン遺伝子にテロメアがすり減るのを抑える働きがあることがわかってきました。たとえば、顔の皮膚。テロメアの回数券を使いきってしまうと、老化がどんどん進み、顔にシワやタルミ、シミなどができて老け顔になってしまいます。ところが、サーチュイン遺伝子が働いて、テロメアがすり減るのを抑えれば細胞分裂も可能になり、見た目の若さをキープすることが可能になります。 第十八回「長寿遺伝子とテロメア」 | 白澤 卓二氏×山田 英生対談 | 山田英生対談録 | 山田養蜂場のみつばち健康科学研究所

また上記のサイトによると、煙草・肥満・運動不足の人はそうでない人と比べてテロメアが短いそうです。

サーチュイン遺伝子を活性化させるには、カロリー制限やポリフェノールを摂取することが有効だと言われています。ただ、サーチュイン遺伝子と長寿は関連性がないという論文もありますので、絶対というわけではないようです。

とはいえ、寿命が長い女性は少食の人が多いですし、動物も怪我をしたときは食べ物をたべずじっとして治します。断食もガンの進行を遅らせるという研究報告もあるので、サーチュイン遺伝子云々というより「食事と老化の関連性はある」と言えそうです。

テロメアを長くするサプリ

テロメアを長くするサプリなんかあるのかと思っていたのですが、アマゾンに売ってありました。

テロメラーゼとは

テロメラーゼとはテロメアを長くする酵素であり、不死の鍵を握るとされています。

生殖細胞やがん細胞などでは、酵素のテロメラーゼがテロメアを修復し、細胞の老化死を防いでいる。がん細胞でテロメラーゼの働きを止めることができれば、新治療法になると期待される。 テロメアとテロメラーゼの働き ( その他の病気 ) - ふくろう医者の診察室 - Yahoo!ブログ

無限増殖し寿命がないと言われているガン細胞の中に存在し細胞を生きながらえさせています。テロメラーゼが存在するからテロメアが短くならないのです。また上記のサイトによるとテロメラーゼがないと生物は子孫を残せないそうです。

テロメアを伸ばすために行うべきこと

テロメアを伸ばすために日常生活でできることをまとめました。

豆類を食べる

テロメアが短くなると糖尿病や認知症のリスク増大につながります。豆や果物・乳製品を食べることでテロメアが長くなるそうです。朝食にアーモンドやクルミを入れたヨーグルトやバナナ、和食なら納豆と豆腐の味噌汁を食べるとよいかもしれません。

食品ベースで分析すると、テロメアが長くなる食品は、豆、ナッツ、海藻、果物、乳製品。一方で、テロメアを短くするのは、赤身の肉、加工肉、甘い炭酸飲料だった。 例えばナッツ、5つの食品が10年後の老化に関係、「テロメア」の長さに影響と確認|WELQ [ウェルク]

カロリー制限をする

断食は若返りに効果があるとききますが、寿命を長くするサーチュイン遺伝子を活性化させるには、摂取カロリーを減らすだけでもよいとされています。適度なタイミングで断食を行ったり、腹八分目を心がけたりすることでサーチュイン遺伝子のスイッチをオンにします。

  • 朝食を抜くプチ断食を行う
  • 夜食・間食を減らす
  • 揚げ物を減らす
  • 食欲増進作用がある酒を飲まない
  • 週末に1日断食を行う

上記のように、摂取カロリーを減らす方法は沢山ありますので、色々試してください。

座っている時間を減らす

こちらによると座っている時間が長いほど、テロメアが長いということが判明したらしいです。確かに長時間椅子に座り続けると健康上よろしくない可能性があることは過去の多くの研究で指摘されてきました。

テロメアの長さに影響する最も重要な要素は、座っている時間の長さであったことが判明した。座っている時間が短いほど、テロメアは長い傾向にあり、長生きできる可能性も高いということが判明したのだ。 とにかく立ちましょう。座り続けるほどに寿命は短くなることが判明(スウェーデン研究) : カラパイア

寿命や健康を気遣うのなら、できるだけ立って生活せよということになりますね。最近スタンディングデスクが流行っているので、デスクワークの人は取り入れてみるとよいかもしれません。

瞑想と好きなことをする

ジョブズやマイケル・ジョーダンが瞑想を好んでいたという話を聞きますが、好きなことに没頭する、もしくは瞑想をすることでテロメアが活性化されたといいます。瞑想は半眼になり心と体をリラックスさせて呼吸に集中させます。

寝食を忘れて没頭できるような趣味を見つけておきたい。瞑想を趣味にすると最強ですね。

瞑想で「テロメア」が活性(中略)宗教家は規則正しく、食べ過ぎない生活をし、適度に体を動かす。また瞑想を行うが、このことが「テロメア」の維持に貢献しているのではないか、と香川氏。実際に、ハーバード大学で学生に毎日瞑想をさせたところ、8週目にしてテロメラーゼの顕著な発現と「テロメア」の活性が見られたという。健康寿命のカギを握る「テロメア」、ストレス緩和で活性

こちらの記事でも瞑想は細胞老化の進行を遅延できると書いてあります。

米カリフォルニア大学デービス校の研究者は、細胞の老化の抑制に関係した酵素であるテロメラーゼの活動が瞑想をした後で活発になることを見いだした。これは瞑想によって細胞老化の進行を遅らせられる可能性を示唆している。 老化防止も 「瞑想」の効用、脳科学が解明  :日本経済新聞

高カロリー炭酸飲料と塩分過多を控える

コーラやビールと塩分が多いおつまみを毎日食べると老化が促進されるようです。つまり揚げ物とビールなんて最悪の組み合わせになります。炭水化物の量を減らし糖分をおさえ、飲み物は水やお茶、おかずは薄味のものに変えましょう。

まとめ

これらのことをまとめると、テロメアを伸ばすために行うべきことは以下になります。

  • カロリーを減らす
  • 運動をする
  • 肥満を解決する
  • 豆類や乳製品を食べる
  • 瞑想をする
  • 好きな趣味に没頭する
  • 塩分を減らす

以上、テロメアとは何か、テロメアを伸ばすためにやるべきことでした。

記事作成日: 2016年10月13日 /

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク