イラストや仕事に使いやすい!おすすめのタブレット用タッチペンはこれ

イラストや仕事に使いやすい!おすすめのタブレット用タッチペンはこれ

touchpen_4924

iPadを持っている人なら確実に一度は考えたことがあるグッズ「タブレット用タッチペン」ですが、色々試した結果最も「滑らか」に描けて、使いやすかったおすすめのタブレットタッチペンをご紹介します。

スポンサード リンク

タッチペンを選ぶ基準

最近のスマホやタブレット端末というのは指で直接画面を触って画面の移動やクリックが可能になる静電容量式のタッチパネルを採用しているものがほとんどなのです。そして人間の指で画面を操作できるのであればそれでよいのではと考える人もいらっしゃるかと思います。

しかし、イラストを書いたり、文字入力やゲーム、指の反応が合わないという場合、タッチペンを使うほうが書きやすいということもあります。タッチペンによっては本物の筆や鉛筆のようにディティールまで描けるものがあるからです。

タッチペンの種類

タッチペンの種類は数え切れないほどありますが、以下のような種類があります。

  • 筆タイプ
  • 筆圧をコントロール
  • 極細のもの
  • ゴムタイプ

大体上記のようなタイプを見かけます。

おすすめのタッチペンはこちら

筆者が今回おすすめしたいタブレット用タッチペンは上記のどれでもありません。こちらです。実はペン先が円盤タイプのタッチペン。そう聞くと書きにくそうに感じますが、これがとんでもなく書きやすいのです。

箱にはDISC STYLUS と書いてあります。トナカイさんのロゴが可愛らしいですね。

裏面です。75°まで傾斜できるようです。

中身を全て出してみました。替芯が4つもついてるので、ヘビーユーザーの方も安心。

説明書きはこちら。

「本商品は全ての静電容量性タッチスクリーンデバイスにお使いいただけます。ディスク保護のため、ペン使用時以外にもキャップを装着した状態で保管する。ペンを使用する前にディスク、また使用されるデバイスの両面に汚れが無いことを確認する。埃などの付着は、ペンの反応への影響、画面に傷を与える原因となる」といった感じで書かれてます。

ペン先に透明の円盤キャップがついているのですが、これはそのまま使います。

透明なので線やイラストもくっきり見えるので使いやすいですね。

へのへのもへじを書いてみました。とんでもなく滑らかに描けてびっくりしました。

幾何学模様もすーらすら。

ワイヤーもスラスラかけます。ディレクターやUXデザイナーさんは確実に助かります。

小さめサイズのイラストもかけるので便利。ゴム製や筆タイプのペンよりも「精密」に描けます。

このペンはこちら。なんと2000円以下で購入可能です。画面の汚れは付属のマイクロファイバークリーニングクロスを使うときれいに拭き取れます。2000円以下で替芯4本とペン2つにクロス付きとは太っ腹です。

適度な重量と高級感がありますがグリップが適度な硬さなので、長時間書き続けても疲れにくいです。しかしなんといっても操作性が抜群。滑らかに絵や文字をかけます。

イラストレーターやデザイン関係のかた、アイデアを殴り書きしたいかたはこのペンは最高にコスパがいいですよ。

記事作成日: 2016年9月29日 /

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク