短期間でとんでもなく痩せた!断食ダイエットを45時間行った結果

短期間でとんでもなく痩せた!断食ダイエットを45時間行った結果

断食ダイエット

筆者職業がら徹夜することが多くて、徹夜明けに嘔吐と吐血してしまったのですが、何も食べれない状態になったんですね。

胃腸薬も飲んでスッキリしたので睡眠をたっぷりとって断食開始。

スポンサード リンク

というのも以前サーチュイン遺伝子ってなんだろう。プチ断食で体調がよくなったを書いたのを思い出し、サーチュイン遺伝子を目覚めさせる目的も兼ねて、これを機会に断食を再開しようと試みたわけです。

自然治癒力を高める

つまり断食により人間本来が持つ自然治癒力をもって体調不良も治してしまおうと。断食は正しく行えば体の不要な脂肪を落とし、24時間何十年もフル活動していた胃腸を休ませ、排泄と免疫力向上にエネルギーをつぎ込むことが出来る古代からある治療法なんです。

※ 筆者の経験では断食を3日ほど続けると、心臓の動機が早くなり、全身が触覚みたいになり、感覚が研ぎ澄まされるので音に敏感になります。食事の時間がなくなるので暇になりますが。

3食の食事は体に良いのか

現代人は毎日毎日必要もないのに三度(場合によってはそれ以上)の食事をすることによって、かえって健康を損ねているとも言います。

2/3 プチ断食のすすめ! [食事ダイエット] All About

プチ断食とは

プチ断食もおすすめ。

プチ断食とは、短期間だけ食事を制限することにより自然治癒力をアップさせ、身体の中の悪いものを出し、余分な脂肪をなくして体重を減らすという、ダイエットや健康に効果的な方法のこと。

プチ断食の方法って?失敗しないためのプチ断食!

老廃物の排除

もう一つはこちらに記載されてありますが、老廃物や毒素の排除。現代人は特に肉食なので老廃物として蓄積されやすいと。

老廃物は、肉食の多い人ほど多くたまります。 肉は、たくさん食べ過ぎると、私たち人間の、草食動物型の腸では滞留時間が長すぎ、 腐敗して、腸内に老廃物として溜まってしまうのです。

断食の効果

ダイエット効果

もちろん脂肪を燃焼させるので断食はダイエット効果も高い。ダイエット効果を爆発的に高めるために、断食中は頭を使う作業を行う。頭を使うとどれだけ痩せるかというと、こちらの記事が参考になります。

1日の消費カロリーを2000Kcalとすると脳だけで400 Kcal(ブドウ糖で約100g)を消費することになります。

脳とダイエットの不思議な関係 | ダイエット | 健康と栄養のコラム | 健康と栄養の情報室 | 株式会社ヘルシーパス

断食+頭を使う作業でダイエット効果を加速させるわけですね。これで痩せないわけがないと45時間試した結果

64kg→61kg

食べ物には水分も含まれているので水分などの重さが減ったのも関係していると思いますが、なんと断食ダイエットの恩恵はそこで終わりではなく、その後体重が増えなかったんですね。

断食の方法

1.筆者が行っている独自の方法ですが、ダイエットの他に胃腸に負担をかけないことを目的としているので、断食中は水分に関してはどれだけ摂取してもOKで、糖分が少なめであれば飲み物も可。ただしお酒は体重減少!禁酒によるダイエットと効果が凄いで書きましたが、ダイエットの弊害となり、基本的に毒性があるので避けます。

2.仕事は出来るだけ頭を使うような作業を行う。
3.インナーマッスルを鍛えるために姿勢を正しておく

断食の事前準備

本格的に断食を行う前に、予備知識を持っておきましょう。

○昼食は腹八分まで ○夕食は普段の半分の量で、寝る3時間以上前にすませる。 ○普段より水分を多めに摂る(これは寝る前でもかまいません) ○お酒は飲まない

3/3 プチ断食のすすめ! [食事ダイエット] All About

断食後は

断食後の一気食いには注意してください。

断食後は、少しづつ食事を摂り始めます。断食が10日なら、それと同じくらいの時間をかけて前の食事に戻していきます。急に元の食事に戻すと、腸捻転を起こし、死を招く場合すらあります。

断食の効果

もう一つ恩恵があったことといえば、お腹の調子が良くなったこと。便秘を繰り返す人は是非試して欲しい。早朝から快便です。目覚めもいい。

つまり断食によってもたらされたメリットは
・短期間で痩せる
・便秘が治る
・疲れにくくなる
・目覚めがよくなる

短期間でこれだけよいことがあるんです。断食ダイエット恐るべし。

記事作成日: 2015年2月16日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク