ガッツリとやる気が出た!ドーパミンを増やす方法

ガッツリとやる気が出た!ドーパミンを増やす方法

007

ドーパミンはやる気が上がるホルモンと呼ばれており、集中力ややる気を高める効果があります。簡単にいうと快楽を感じるホルモンですね。食事中や運動・性行為などに多く分泌されます。

スポンサード リンク

タバコや酒、ギャンブル中毒になる場合、ドーパミンの異常分泌が原因の場合がありますが、不足すると性機能の低下や無気力などが起こり、最悪の場合認知症やパーキンソン病などを発症してしまいます。今回はドーパミンを上手く活用しやる気を上げる方法を記載しておきます。

短期目標を立てる

到底達成できないような目標だったり、時間がかかりそうな目標よりも、簡単かつ短時間で達成可能な目標を立てるといいみたいです。例えば、出社直後に掃除をするとか、机を綺麗に整理するとか、1行日記をつけるとか。

あまり長期の目標ではドーパミンは出ないようになっていて、より短気な目標を立てれば立てるほど、出やすくなります

明確な目標がドーパミンを分泌させ成功へのモチベーションを高める

新しいことをする

ドーパミンは新鮮さに反応します。いつもと違う道を通って通勤するとか新鮮な驚きや環境を形成することが大切です。

そして人のドーバミン・システムは、新しくて予測できないものに最も反応する傾向があるのです。

買いたい気持ちを起こすにはドーパミンを刺激しろ!目新しさが鍵 | 下請け製造業の新規開拓による売り上げ増加コンサルティング

ウォーキング

適度な有酸素運動でもドーパミンは生産されるので、通勤時には出来るだけ歩き、階段を使って休憩にいくなど全身に酸素をいきわたらせる運動が効果的です。

チロシンを摂る

チロシンを摂ることでドーパミン不足を補うことも可能です。朝食時にバナナと牛乳、おやつはアーモンド、夕食にカツオにすればまんべんなく摂取できそうですね。

ドーパミンの前駆体(その物質が生成する前の段階の物質)であるチロシンの多い食材は、アーモンド、バナナ、アボカドのほか、低脂肪牛乳、カツオ

ドーパミンと上手につきあい、集中力とやる気をアップ!:Men's HOLOS

記事作成日: 2014年8月20日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク