依存症の恐ろしさと克服方法

依存症の恐ろしさと克服方法

依存症の恐ろしさ

最近「何をやっても楽しくない、面白くない」と感じたことはありませんか?

ひょっとするとあなたは何らかの依存症を抱えている可能性があります。依存症はドーパミンにより発症してしまいます。依存症とは偏ったドーパミンの過剰分泌により、他のことに興味がなくなること。今回は「依存症の恐ろしさと克服方法」をメモ。

スポンサード リンク

依存症の恐ろしさは脳障害にある

依存症だと気づいたのは「勤労意欲が減少している」と気づいた時でした。例えば、定期的にパチンコをしていた時の話ですが、夢の中にまでお金を機械につぎ込んでいる光景が現れました。そうして服装に気を使わなくなり、人と話すのが億劫になり、何を見ても楽しくないと感じはじめました。

そうして仕事をさぼってまで賭け事にお金を使ってしまうようになります。仕事に関する興味が全般的に喪失し始め、集中力が低下し生産的なことが出来なくなった時に「ハッ」と気づいて「今、とんでもなく危険な状態」だと認識したのです。

なんで鬱状態のようになるのか、やる気が喪失してしまうのか調べてみました。

依存症患者の脳では活動が低下しています。 ギャンブルにだけ過剰に反応するようになり、脳の機能のバランスが崩れてしまったのです。

“ギャンブル依存症” - NHK クローズアップ現代

つまり、ギャンブルにのめり込んでしまうと、ギャンブル以外のことに関して興味がなくなっていくというわけです。病気ではなく「脳に障害」が残ってしまうんですね。一生治らないみたいです。恐ろしい。克服のための第一歩として「障害を抱えていると認識すること」から始めます。

依存症は「脳障害により、依存しているもの以外の興味が薄れる」ことであり、なおかつ習慣化してしまっていること。障害や習慣を自分の力で変えれる人間はいません。考え方や意思の力ではどうにもならないのです。

時間を自由にコントロールできる自営業や営業の方は注意が必要です。好きな時にパチンコが出来る状態は、いつでもお金と時間を捨てることと同義なので、どんなに財布の中にお金があっても浪費してしまいます。

行かないように制限を加えているとイライラし始め、ため息が多くなり鬱状態になってくるのです。楽しいのは賭け事をしている時だけ、そして仕事に身が入らなくなるという悪循環。つまり、依存症の最も恐ろしい所は「勤労意欲の喪失」ともいえます。

仕事はお金を作る最も大切な要素なので、労働意欲が機能しなくなると人生崩壊です。どんな病気よりも恐ろしいことになっていると認識すべきです。

こちらの動画を見ると、本人の意思とは無関係。脳に障害が生じていると言われていますが、まさにその通りだと思います。

対策として
1.財布に入れるお金は少量にする
2.パチンコ店まで遠い場所に住む
3.周囲に何もない海外に移住する
4.施設に入院する
5.カードの類は家族に預ける
6.給料を家族に管理してもらう

他の趣味を代替品にする前に生活環境そのものを制限するのが先決です。

依存のすり替え
ドーパミンを利用して以下のように、プラスの作用をもたらす方向へ「依存のすり替え」を行ってみてもよいかもしれません。

1.仕事依存にする
2.運動依存にする
3.知的探究心を高める
4.些細なことでも興味を持つ
5.毎日違う通勤路を通り、新鮮さを味わう

アルコール依存症の恐ろしさ

お酒は仕事の後の楽しみの一つだという人も沢山いるかと思います。しかし、アルコールは毒物の一種なので無理に体に入れる必要はないんですね。「少しくらいの晩酌は体によい」とか、そういうのはどうでもいいんです。アルコール依存症の恐ろしいところは「毎日飲酒してしまう」という習慣性です。

さらには、脳障害まで起こさせてしまうと。

アルコールやシンナー等の薬物は、脳を溶かし、萎縮させてしまうのです。つまり、お酒を飲み続けていると、知らぬ間に脳が萎縮して知能低下をもたらす。その結果、正常な判断が出来なくなる。

アルコール依存症・脳の障害

アルコールはテストステロンの分泌を抑えてしまうので、やる気や上昇志向、ガンのリスクも高まります。よって、一切摂取しないのが一番よいのです。

対策として
1.夕飯時の飲み物を炭酸水にする
のが有効です。炭酸水の爽快感を感じてビールの代替品にしてしまいます。

買い物依存症
ショッピングによる依存症も発症したことがあります。主に服ですが、一度買いだすと何回も店舗に通ってしまうんですね。コレクター的な思考回路になる。で、結局買ったものはゴミになってしまうと。

こちらも制限を加えることで対処します。例えば、カードと現金を持ち歩かないとか運動をするとか。

依存症を抑えるセロトニンを増やす

ギャンブルをしたくなる衝動を抑えてくれるセロトニンを増やせ!!【食べる克服法】によると、ウォーキングなどを運動をするとセロトニンを増やすことが出来るそうです。

他には日焼けの効果はすさまじい!プログラマー必見の日光浴メリットとデメリットまとめで書きましたが、早朝9時までに光にあたると骨も丈夫になるし、セロトニンの分泌も上昇します。

セロトニンを多く含む食材はイワシ、ウナギ、サバ、シイタケ、シメジ、ちりめんじゃこ、鶏卵などです。魚や野菜中心の食生活に戻し、朝に運動を行います。禁断症状が出てきたらとにかく運動を行い依存欲求を抑えます。

まとめ

結局のところ、依存症を抱えている人は「脳障害」になっているので、自分の意思で断ち切ることは不可能だから「強制的に生活習慣を制限する」ことが必要になってきます。

制限によるストレスは強力なので気が狂いそうになるかもしれません。しかし矯正とは苦痛を伴ってこそ効果があるものです。ストレス解消のために依存物へ逃げるのは本末転倒です。

自分が犯した罪滅ぼしとして、どんなに辛くても我慢して習慣を矯正していくことが依存からの脱却となるでしょう。

記事作成日: 2015年3月5日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク