スマホのiPhoneもAndroidも充電可能にするおすすめのUSBケーブル

スマホのiPhoneもAndroidも充電可能にするおすすめのUSBケーブル

iPhoneもAndroidも充電できるようになる、スタイリッシュなUSBケーブルがあったのでレビューを書きます。

スポンサード リンク

本題に入る前にUSBケーブルについておさらいしましょう。

USBケーブルとは

USBケーブルとは早い話がスマホやPC周辺機器を繋ぐケーブルのことです。マウス・キーボード・スマホ、最近ではミニファミコンにも使われています。

サンワサプライ様によると

USBは、ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)という規格の略称です。コンピュータに周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つです。
USBとは? - サンワサプライ株式会社

wikiには以下のように書かれてあります。

現在のパーソナルコンピュータ周辺機器において、最も普及した汎用インターフェース規格である。
ユニバーサル・シリアル・バス - Wikipedia

USBケーブルがあることで周辺機器の接続が簡単になっているのです。

ところでAndroidの充電器はmicroUSBというUSBコネクタ部分を小さくした小型USBコネクタが使われています。中に穴があいてます。

一方、iPhoneやiPadのアップル製品は独自のバスであるLightningケーブルが使われています。穴はあいてません。

左がLightningケーブル、右がmicroUSB。

つまり、アップル製品とAndroid製品の充電器は違うので併用できないのです。

しかし、これだとAndroidやiPhoneのUSBケーブルを両方持ち歩くことになり、当然場所を取るので出張や旅行する時にかさばってしまうし、収納も大変です。

どちらのOSも対応していて、おしゃれなUSBケーブルはないのかと探していたら見つかりました。

こちらはiPhoneもAndroidも充電できるようになるUSBケーブルです。モバイルバッテリーと組み合わせると完璧。amazonの商品説明には以下ように書かれてあります。

LightningケーブルとmicroUSBコネクタが一体となった1台2役のケーブル

大容量で軽い!モバイルバッテリーはチーロ製がおすすめ

おすすめする理由

  • 巻取りタイプで線を収納できる
  • スタイリッシュ
  • コードが絡むことなく、断線しない
  • microUSBとLightning両方使える
  • 小さいので持ち運びに便利

早速開けてみましょう。非常に小さくコンパクトです。

ケーブルは巻取りタイプで絡まること無く邪魔になりません。

iPhone充電できました。

Androidも充電できました。

もちろん、iPadなどもOKです。

こちらのCheero製のモバイルバッテリーと組み合わせると持ち運びも便利ですね。大容量で軽い!モバイルバッテリーはチーロ製がおすすめ

USB変換ケーブル

モバイルバッテリー

以上、iPhoneもAndroidも充電できるようになるおすすめUSBケーブルでした。

記事作成日: 2017年9月13日 /

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク