2017年10月5日に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売

2017年10月5日に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売

2017年10月5日(木)に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が税別7980円で発売されるようです。公式サイトによると「ミニスーファミ」と省略していますね。

スポンサード リンク

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

こちらがニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン。

任天堂の公式サイトによると

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、1990年に発売した家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の本体をコンパクトなサイズに仕上げ、「スーパーファミコン」用の豊富なゲームラインナップの中から選んだ21タイトルをあらかじめ収録したゲーム機です。付属する2個のコントローラーはサイズもボタンの配置も「スーパーファミコン」のコントローラーを再現しましたので、1990年代と変わらない操作性でゲームプレイをお楽しみいただけます。 ニュースリリース : 2017年6月27日

と書かれてあります。少しまとめると

  • 21タイトル収録
  • コントローラーは2個
  • コントローラーのサイズはそのままで本体のみコンパクト
  • USB・HDMI接続

コントローラーのサイズが小さくないのは嬉しいですね。クラシックミニの時は小さすぎて操作しにくい人も多かったと思うので。そしてなんとネジ穴まで再現しているとのことです。もちろんカセットの蓋はダミー。

クラシックミニファミコンの時は内部のコントローラーの方向まで再現されていて嬉しかったのですが、今回もパーツまで再現されているので嬉しい。

生産台数

ニンテンドークラシックミニファミコンは、現在生産中止になり品薄状態でプレミア価格までつき、正規価格で入手するのは非常に困難となりましたが、スーパーファミコンミニも品薄になってしまうのでしょうか。転売屋が増えるのも嫌ですが、なんとしても無事入手したいところですね。そもそも復刻版がこれだけ売れるゲームって多分他にありません。プレステやセガサターンが復刻されてもそんなに売れないでしょう。

Nintendo of Americaは「SNES Classicの生産台数はNES Classicより遥かに多くなるだろう」としています。SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道 | インサイド

と生産台数は増えそうですね。

ミニスーパーファミコンの収録タイトル

肝心の収録タイトルはこちら。

  • スーパーマリオワールド
  • F-ZERO
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • 超魔界村®
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • スーパーフォーメーションサッカー
  • 魂斗羅スピリッツ
  • スーパーマリオカート
  • スターフォックス
  • 聖剣伝説2
  • ロックマン®X
  • ファイアーエムブレム 紋章の謎
  • スーパーメトロイド
  • ファイナルファンタジーVI
  • スーパーストリートファイター®II
  • スーパードンキーコング
  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド
  • パネルでポン
  • スーパーマリオRPG
  • 星のカービィ スーパーデラックス
  • スターフォックス

う~ん、ミニファミコンの続編が入ってますね。F-ZERO・ストⅡ・聖剣伝説Ⅱ・FF6・マリオRPGが入っているのは嬉しいですが、ロマサガシリーズ・ぷよぷよ通・風来のシレンが入ってないのは残念。

※2017/07/04追記:ミニスーパーファミコンに入ってないソフトで遊ぶために、スーパーファミコン・ロマサガ・スト2を買いました。

スターフォックス2は未発売のソフトだったのですが、今回新たにリリースされたとのことです。ファミコンに続いて、スーパーファミコンが小さくなって再登場! | トピックス | Nintendo

海外版との違い

海外版のラインナップはこちら。悪魔城ドラキュラがラインナップしています。

前回、ミニスーパーファミコンのラインナップを予想しましたが、結構当たってますね。

次の復刻版は?

プレステやXboxは復刻しても売れないと思いますので多分ないでしょう。グレーケースの「初代ゲームボーイ」なら話題になるでしょうね。60タイトルくらいは収録して欲しいところです。

Amazonや店頭で予約できる日はいつになるのでしょうか。ワクワクしますね。

記事作成日: 2017年6月27日 / 最終更新日:2017年7月4日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク