紫外線対策。日焼け止めの選び方や塗り方など

紫外線対策。日焼け止めの選び方や塗り方など

紫外線が与える肌や髪への影響は恐ろしいもの。美容のためにも不必要に紫外線を浴びないように気をつけたいものです。
そんな紫外線を避けるためにはどんな対策ができるのでしょうか?紫外線対策グッズを上手に利用し、知らずに紫外線を浴びないようにする知識を身に着けて備えてください。

スポンサード リンク

日焼け止めの基本的な選び方

肌の日焼けを防ぐためにかかせないのが日焼け止めです。顔や手は秋冬でも露出していますし、暑い夏は肌の露出も多くなります。露出した肌を焼かないためにも日焼け止めを塗ることは必須です。

そんな日焼け止めに表記されている「SPF」と「PA」についてはご存知ですか?SPFは肌を赤くする紫外線B波に作用し、PAはシミやシワを作る紫外線A波に働きかけます。SPFの数値が高く、PAの+の数が多い方が強い効果を発揮します。

屋外でのレジャーやスポーツなどSPF 50 PA++++などの強い日焼け止めがおすすめです。通勤や短時間の散歩、短い時間の外出であれば、それより低いものでも大丈夫です。

日焼け止めは塗り方が大切

紫外線対策に有効な日焼け止めですが、塗り方を間違ってしまうことも多々あります。日焼け止めはたっぷりと、塗りムラがないように塗ることが大切です。まんべんなく肌に塗ることができても、量が少なければ日焼け防止効果はありません。外出前に慌てて塗るよりも、少量ずつ数回に分けて塗り重ね、バリア機能を高めましょう。

また、日焼け止めは塗ってすぐには作用しません。肌になじんでから効果を発揮するため、外出前の20分前には塗り終わるようにしておくのが理想です。日焼け止めは時間が経つにつれて効果が薄れてきてしまいます。汗で流れてしまうこともあるため、長時間の外出の際には、こまめに塗り直すようにしてみてください。

外出時の紫外線対策グッズ

すっかり浸透しつつある日傘や手袋を愛用している方も多いのではないでしょうか?特に肌を覆ってしまう手袋は遮蔽効果が高く、手や腕を日焼けしたくない方には最適です。生地の目が詰まったもの、黒い色のものを選ぶとより紫外線を遮断できます。
帽子や日傘を愛用されている方も多いのですが、必ず日焼け止めと兼用するようにしてください。

空から降り注ぐ紫外線を遮断するため、顔や体全体を守ってくれると思われがちな日傘。ですが、紫外線は壁や地面に反射し、横からも下からも降り注いできます。帽子や日傘は上から注ぐ強い紫外線を防ぐことはできますが、反射した紫外線を防ぐことはできません。日焼け止めでケアをしたうえで、更なる強い防御ができるグッズとして利用してください。

お部屋の紫外線対策グッズ

屋内にいても、紫外線は窓から降り注いできます。つい油断してしまいがちな部屋の中でも、紫外線対策はしておきたいものです。日焼け止めや長袖で防御するのも一つの手ですが、屋内用の紫外線対策グッズも利用しましょう。

例えば、窓ガラスに貼れるUVカット用のフィルムや、レースのカーテンが役に立ちます。特にカーテンは紫外線を大幅にカットすることができるため、有効かつ簡単に取り入れられるグッズです。また、紫外線から守るために大切なのは、肌の保湿をキープしておくことです。

潤いのある肌は、乾燥した肌よりも日焼けしにくいため、常に保湿を心掛けるだけで紫外線対策になります。念入りなスキンケアをし、肌の潤いが充分であるようにしておきましょう。

充分に対策し、老化の原因ともなる紫外線をできるだけ浴びないように注意したいものですね。少しの手間と工夫で紫外線は充分に防げます。

また、暑い夏ばかりでなく、乾燥した秋冬や、紫外線が強くなり始める春にも注意が必要です。365日紫外線から身を守れるよう、生活の中に上手に対策方法を取り入れていきましょう。

記事作成日: 2017年4月21日 /

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク