デリケートゾーンの臭いで悩まないために読んでおきたい記事

デリケートゾーンの臭いで悩まないために読んでおきたい記事

デリケートゾーンに悩みを抱えている女性は多いものです。中でも「デリケートゾーンの臭い」や「デリケートゾーンのかゆみ」などは悩みの代表格。今回は、様々ある悩みの中でも「デリケートゾーンの臭い」にについてスポットライトを当てていきます。臭いの原因から解決方法まで紹介していきますので、悩みを抱えている方は参考にしてみて下さい。

スポンサード リンク

デリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンから臭いがする原因は、「雑菌が排出する老廃物」にあります。人間の肌表面には様々な常在菌がウヨウヨしているのは健康な方もそうでない方も変わりません。そのため、菌が肌表面にいることには問題ないと言えます。

デリケートゾーンのかゆみが発生している人はこちらのデリケートゾーンのかゆみで悩んでいる人が助かる記事をお読みください。

ただ、この雑菌がデリケートゾーンのおりものや汗、尿や垢、そして経血などをエサとして繁殖し過ぎてしまうと、雑菌が排出する老廃物が多くなってしまって臭いが発生します。

また、デリケートゾーンにはアポクリン汗腺という汗腺が他の箇所よりも多く存在します。アポクリン汗腺はワキやデリケートゾーンなどの一部しか存在しない汗腺で、他の汗腺と違ってサラサラとした汗を排出するのではなく、脂肪やアンモニアなどの粘着成分を含む汗を出します(ちなみに、ワキガの人はこのアポクリン汗腺の数が普通よりも多いです)。

アポクリン汗腺から出る脂肪・アンモニアも雑菌のエサとなるので、デリケートゾーンは臭いを放ちます。しかも、デリケートゾーンは常に下着などに覆われていますから、温度が他よりも高く湿度も高いため、雑菌が繁殖するのに格好の場所となっているため、デリケートゾーンは臭ってしまうんです。

デリケートゾーンの臭いの対処方法

そんなデリケートゾーンの臭いへの対処方法として有効なのは、「デリケートゾーンを清潔にしておくこと」です。
お風呂でデリケートゾーンを洗う際に、丁寧に洗うと良いでしょう。

ただし、清潔にしたいと思うあまり、ゴシゴシ洗いをする人もいますが、デリケートゾーンは皮膚が薄いですし傷つきやすい部分ですからゴシゴシ洗うのは厳禁。石鹸などの低刺激なものを使い、たっぷりと泡立てて指の腹を使って丁寧に洗いましょう。特に大陰唇などの皺部分には垢などの汚れが蓄積してしまいますから、それを取り除くように洗って下さい。

デリケートゾーン専用の石鹸も販売されていますから、それを利用するのもオススメです。あとは、なるべくデリケートゾーンがムレてしまわないよう通気性の良い下着を選ぶようにすると良いでしょう。生理の際はナプキンをこまめに変えるようにすると◎。

ヴィーナスラボの「ジャムウクリアナノソープ」も評価が高いので試してみる価値はありそうです。

臭いがするのは病気が潜んでいるサインの可能性もある!?

基本的には上述したとおりデリケートゾーンが臭いを発してしまうのは、雑菌の排出する老廃物のせいなのですが、中には病気のサインである可能性もあります。

「いきなりおりものの量が増えた」「色が変わった」「急に臭いがきつくなって我慢できない」などの症状がある場合は、もしかすると子宮頸がんや子宮内膜症、トリコモナス膣炎などの婦人科系の病気であることも。

それ以外にも、おりものがポロポロとした形状になった場合はカンジダ膣炎である可能性もあるので要注意です。カンジダ膣炎はかゆみも伴うことも多いので、「臭いとかゆみがある」という時はカンジダ膣炎を疑ってみても良いかもしれません。

カンジダ菌はもともと膣に存在する菌で、普通の状態下で悪さをすることはありません。しかし、膣を洗い過ぎたりストレス・疲れが溜まり過ぎている場合、抗生物質を服用しているなどして膣内にいる善玉菌が減少してしまうことによりカンジダ菌が増殖し過ぎてしまい、その結果カンジダ膣炎となってしまうことがあります。

何だか臭いが異常だと不安に感じるようなことがあれば、病院を受診してみることをお勧め致します。軟膏などを塗布することで治癒することもありますが、長引くようであれば医師に相談するのがベストです。

記事作成日: 2017年4月21日 / 最終更新日:2017年5月5日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク