女子も男子も必見!胸を大きくする方法

女子も男子も必見!胸を大きくする方法

胸が重くて肩こりする、なんて言葉、一度で良いから言ってみたい……と切に願っている女性はたくさんいるでしょう。少しでも胸を大きく見せるためにバストアップブラを購入したりサプリメントを飲んだりしている女性もいると思います。今回は、そんな人のために「胸を大きくする方法」についてご紹介していきます。

スポンサード リンク

マッサージ・運動などをおこなう

胸を大きくするために良いとされるマッサージ・運動には色々ありますが、ここでは有名なものを取り上げます。

おっぱい体操

  1. ワキの方に流れている胸を胸中央に引っ張ってきます。筋肉から胸の肉を引きはがすような感じで力を入れずにおこないましょう。
  2. 胸を揺らします。片方ずつ胸を持ち上げ、10秒ほど揺らしてみて下さい。この際、胸の中央に向かって胸を揺らすのがコツです。
  3. 最後に、両胸を中央に持ってきて、下から上に垂直に揺らします。②と同様、10秒ほど続けましょう。

以上の体操をやるのにかかる時間は10分ほどですので、毎日続けたとしてもさほど苦にはならないはずです。おっぱい体操をおこなう頻度は、1日2回、起床時と就寝前におこなうのがベストです。

また、リンパの流れが体の左右で違いがあるため、心臓がある左胸から体操を開始するのが◎。あと、注意することは「胸を揺らす時は大きく揺らす」ということです。小さく揺らすと胸が小さくなってしまうようなので、要注意です。

胸を大きくする食べ物を摂取する

胸を大きくするために必要なものは、女性ホルモンです。女性ホルモンが少ないが故に胸が小さい可能性もあります。ですから、女性ホルモン――エストロゲンと呼ばれる乳腺の発達を促進する成分が含まれる食べ物を摂取することにより、胸を大きくできる効果を期待することができます。

鶏肉

鶏肉に多く含まれているタンパク質は女性ホルモンの働きを手伝ってくれる効果があります。

大豆製品

豆腐や納豆、味噌など大豆が含まれる食べ物の中には大豆イソフラボンという、エストロゲンと同じような働きをしてくれる成分が含有しています。

キャベツ

胸が小さかった女性がキャベツを毎日食べたことで、胸が大きくなったという噂もチラホラ聞かれるキャベツ。キャベツの中にはボロンというエストロゲンの働きを強めてくれる成分が入っています。

根菜

人参や蓮根、たまねぎなどには代謝を良くしてくれる効果が期待できます。代謝を良くすることで体内の循環が良くなり、胸の成長を促進します。

自分に合った下着を選ぶ・正しい装着方法を知る

  1. アンダーバストがフィットしているか?
  2. バストとブラジャーの間が浮いていないか?
  3. ストラップがフィットしているか?
  4. 体を左右にひねったり、脇を上下に動かしてもフィットしているか?

ツボを押す

胸を大きくするのに有効なツボを押すのも効果を期待することができます。マッサージや運動と合わせてツボ押しもおこなうと良いでしょう。

だん中

女性ホルモンの働きを活発化させてくれるツボです。左右の乳頭のちょうど真ん中にあるツボです。押すと少し痛く感じる部分です。女性ホルモンの働きを良くするだけでなく、美肌にも良いツボとして知られています。

天けい

乳頭と同じラインにあり、胸のワキ側にあります。骨と骨の継ぎ目です(押すと少し痛いです)。親指で左右の胸を持ち上げながらツボを内側に向かって押します。左右どちらも同時に押しましょう。乳腺を発達させてくれるツボです。

えんえき

乳頭から大体10㎝ほど外側の、ワキの下部分にあるツボです。親指を使って両方を一緒に押してみて下さい。血液の流れが良くなりますから胸に栄養が行き届きやすくなります。ツボを押す際のポイントは、1回3秒から5秒程度で5回程度押すようにすると◎です。ただし、体調が悪い時やアルコールを飲んだあと、食後などはおこなわないようにしましょう。

記事作成日: 2017年4月21日 /

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク