眉毛が薄いのをごまかす!一時的に眉毛を濃く見せる方法

眉毛が薄いのをごまかす!一時的に眉毛を濃く見せる方法

前回、眉毛を濃くする方法を書きましたが、眉毛を育てるほどの時間がない人、今週中に眉毛を濃くしたいという人、眉毛が薄い人に「眉毛を一時的に濃く見せる方法」を伝授いたします。

スポンサード リンク

眉毛を濃くする方法は前回記事に書きましたので、こちらの記事をご覧ください。

どうやっても眉毛が濃くならない人や、眉毛を濃くするまで待てない人は「眉毛の薄さをごまかす」しかありません。ということで、ちょっとした工夫で眉毛を濃く見せる方法を記載しておきます。

髪を刈り上げると眉毛が濃くみえる現象

ある時、美容室で気づいたのですが、横の髪を刈り上げた時に「眉毛が濃くみえ、表情が凛々しく」見えたんですね。なぜだろうと考えたら眉毛周辺の色「明度対比」が関係していると気づきました。

眉毛が薄く見える現象

明度対比とは隣り合う2色が影響しあって色が変わってみえることです。

ある色を明るく見せたいと思えば黒又は明度の低い色、暗く見せたければ白、又は明度の高い色と組み合わせればいい。 色の見え方-色相対比・明度対比・彩度対比 カラーコーディネーター情報スペース Color SP

髪を刈り上げることによって地肌が見え、髪のトーンが明るくなり、隣接する眉毛の色が黒く見えるようになるのです。

黒色の横にある薄い灰色より、灰色の横にある薄い灰色の方が濃く見えます。つまり、サイドの髪が濃く多いと、眉毛が薄く見えてしまいます。

横の髪を刈り上げて薄くみせることで、眉毛が濃く見えるようになります。

同じ理由で、髪の色を金色や茶髪にすれば眉毛が濃く見えます。しかし、髪の色と眉毛のトーンが違うと不自然なので、髪と眉毛の色は揃えたほうがよいでしょう。

ツバのある帽子をかぶる

ツバのある帽子の図

薄い眉毛は光があたるほど、薄く見えてしまいます。なので、眉毛を濃く見せるには「光が当たる量」を減らせばよいのです。光が当たる量を減らすには「帽子をかぶる」のが一番。キャップやハットなど「ツバ」のある帽子をチョイスしてかぶりましよう。

黒縁メガネをかけて眉毛への視線をそらす

黒縁メガネをかけて眉毛の薄さをごまかす

黒縁メガネをかけると、眉毛よりメガネに視線が向きやすくなるので眉毛の薄さをごまかすことができます。サングラスでもOKです。

上からの照明を避ける

東洋人の顔は平面で凹凸がなく、加齢とともにシワが目立つようになるので上から光が当たると、残念な見え方になります。上から照明があたるようなお店は避けましょう。

帽子と眼鏡を併用する

ツバのある帽子をかぶり、さらにメガネをかけることでほぼ「完璧に」眉毛の薄さを隠すことができます。

髪を眉毛にかぶせる

マッシュ系の髪型や前髪を伸ばして眉毛を隠します。薄い眉毛の上に髪という壁を作ってガードするような感じですね。「薄い眉毛は見せない」という手法です。

眉毛エクステ

髪にエクステをするように、眉毛にもエクステすることが可能です。ただ、眉毛が重くなるのでその分負荷がかかります。

記事作成日: 2017年2月19日 / 最終更新日:2017年2月20日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条・民法709条の不法行為)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク