今話題の糖質制限ダイエット方法のMEC食とは何か

今話題の糖質制限ダイエット方法のMEC食とは何か

ライザップの影響か、ここ数年で「糖質制限」系のパンやスイーツなどもコンビニで販売されるようになりました。いきなりステーキや肉食べ放題のお店が増え、草食男子が減り、筋肉男子がもてるようになりました。糖質は三大栄養素でないことも発覚してきました。

今回は糖質制限レシピに便利なメック食をご紹介します。

MEC食とは

mec(メック食)とはミート・エッグ・チーズの頭文字をとって名付けられた食事です。

  • meet 肉
  • egg 卵
  • cheese チーズ

玉ねぎやカボチャなど野菜にも、糖質は結構含まれていますから、何も考えず野菜だけ食べたとしても糖質を摂取してしまうことになります。

しかし肉・卵・チーズには、ほとんど「糖質」含まれてません。よって、食事をメックだけに限定すれば自ずと糖質制限ダイエットになるのです。

mec食の効果

糖質を摂取すると筋肉は落ちにくいですが、脂肪も落ちにくいです。かといって、カロリー制限をすると筋肉が分解されやすくなるので痩せるけど筋肉も落ちてしまいます。筋肉の減少を抑えながら脂肪を落とすには、カロリーを摂取して糖質を減らせばよいのです。

糖質が少ない食事を続けると、糖ではなくケトン体がエネルギー源となります。糖がないので、体脂肪が優先的にエネルギーとして使われ脂肪が減少し、カロリーさえ制限しなければ、筋肉も落ちにくいのです。

mec食は危険なのか

メック食が危険ならば肉や卵を食べる動物は病気だらけになります。しかし肉ばかり食べるライオンなどは健康そのものです。メタボや癌や糖尿病で苦しんでいるのは、糖分を過剰摂取している人間だけです。脂肪やアミノ酸が糖質の代替エネルギーとなるので糖質を摂取しなくても健康上全く問題ありません。

糖質(炭水化物)は五大栄養素の一つですが、脂肪(脂質)とタンパク質、ビタミン、ミネラルは体にとって必須ですが、糖質だけは必須ではありません。エネルギー源として使いやすいので糖質が主食になっていますが、糖質が無くても人間は生きていけるし健康を害するという証拠も無いようです。 糖質は必須栄養素ではない | 大和薬品株式会社

もちろん、脳の働きが鈍くなるというもの「大量の糖を摂取する人が、糖質摂取できないために起こる禁断症状」のようなものであり、一時的なものです。糖質を過剰摂取していない人には関係ありません。

メック食のレシピと例

昨年の11月頃から糖質制限を行っていたのですが、メインの食べ物はMECです。この3ヶ月以内で体重が9kg、体脂肪率が21→15%に落ちていたのでダイエットとしては成功したといえるでしょう。

2017-02-03_lifehack

ライザップからも、結果にコミットしそうなレシピ本とかいろいろ出てますね。毎日レシピを考えるのは結構大変なので、参考にするといいかも。

自宅でできるライザップ 食事編

鶏肉の炒め物とゆで卵

こちらは鶏肉とゆで卵とブロッコリーの炒め物です。鶏肉と卵があれば簡単にできます。味付けは塩コショウ。

メック燻製

こちらは肉と卵とチーズを燻製にしたものです。味付けが薄くても、燻製の香りで香ばしく美味しいです。塩分もカットしたい人におすすめ。

メックの肉は魚の肉でもOKです。タンパク質が多い鮭がおすすめ。

肉を焼いただけ

鶏肉を焼いただけですが、味付けはローズマリー・クミン・塩コショウで味付けしています。

ステーキ

外食はスシローではなく、いきなりステーキかステーキガスト。

以上、メック食のメリットなどでした。

記事作成日: 2017年2月7日 / 最終更新日:2017年2月19日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク