職場の人間関係を円滑にする方法

職場の人間関係を円滑にする方法

職場の人間関係

退職する理由で一番多いのは職場の人間関係だと聞きます。少々ブラックな会社でも、給料が安くても、職場の人間関係さえ良ければ働きやすくなりストレスもかかりにくいので、それ程きつくありません。

スポンサード リンク

なんであいつは高圧的なのだろう、嫌味を言うのか、陰口を叩くのだろうと一度気にしだすと物音、扉の閉め方まで色々頭から離れなくなります。最悪の場合は帰宅してからもイライラが取れないといった悪循環に。

そうこうしているうちに、人間関係に疲れた、めんどくさい・・・と思うようになりストレスが溜まり、病気になることだってあります。

今回は病気でまいってしまう前に読んでおきたい、職場の人間関係を改善する方法をメモしておきます。

人間関係を改善するために

人間関係改善チェックリスト

相手は自分をうつす鏡だと言いますが、どんなに相手が悪かろうが「自分」が原因を引き起こしている場合があります。例えば以下は周囲のスタッフに「悪い印象を与える」一例です。

  • 目を見て挨拶をしない
  • 備品を粗末に扱っている
  • 扉を勢い良く閉めるなど、物音を出す
  • 遅刻が多い
  • 昼寝をしている
  • メモしない
  • 言い訳が多い
  • 席を立ちすぎる、落ち着きが無い
  • 電話対応が悪い
  • 嫌な仕事を避ける
  • 笑顔が少なく、無表情
  • 話を聞いていない
  • 横柄な態度をとる
  • 自慢話が多い
  • 自分の話ばかりする
  • 過去の栄光にこだわる
  • 敬語、丁寧語を使えない
  • 声が小さい
  • 姿勢が悪い
  • とにかく暗い
  • 陰口や愚痴などマイナス発言が多い
  • ため息が多い
  • 机の上が汚い
  • 期限を守らない

これらは嫌われる元となるリストとも言えます。上記項目は努力すれば治せるものです。めんどうだと感じても人間関係を改善するために、上のリストで当てはまる部分がある場合は治すべきでしょう。

清潔感の欠如

不潔・不衛生は自分ではなかなか気づかないものです。清潔感は社会人として基本中の基本です。ちょっとした不潔感が、あなたを避けたり、周囲の陰口の原因になっている可能性があります。

  • 風呂に入らない
  • 歯を磨かない
  • フケがついている
  • シャツにアイロンをかけていない
  • 爪が伸びている、汚い
  • 靴が汚い
  • 食べ方が汚い
  • 鼻毛が出ている
  • 耳毛も出ている

心理学

良い人間関係を築くために知っておくべき心理学の基礎 - モチベーションは楽しさ創造からから引用させていただくと以下のように、心理学を応用して対人関係を築く方法があります。

  • 仲良くなりたい人には、まず何かを与えよ
  • 自分はどんな色眼鏡をかけがちになるのかを感じ取る
  • お世辞、接触回数を増やす
  • たくさんの回数合うことで、おなじみ感を作っていこう
  • あなただけに・・・と特別感を演出する

上司との付き合い方

「無能な上司」の下で働くことに…その心得5ヵ条 - ライフハックノート | ライフハックノートによると上司との人間関係を円滑にするために必要な心得は以下のように分類させるとのことです。

  • 自分の責任と心得る
  • 愚痴をこぼさない
  • 必要なことだけする
  • 転職を考える

記事作成日: 2014年9月5日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク