濡れた紙やお札を伸ばす方法が話題

濡れた紙やお札を伸ばす方法が話題

LubosHouska / Pixabay

本の一部が濡れてしまって、シワシワのまま乾いてしまい、悲しい思いをしたことはないだろうか。

そんなあなたに明朗なニュース。紙やお札のシワを伸ばす方法に、これだけバリエーションがあるとは思わなかった。

なんと濡れた紙やお札を乾かす方法がTwitterで話題になっているのだ。

スポンサード リンク

濡れた紙を綺麗に乾かす方法

画像には、濡れたページを乾かす過程が描かれている。

本が雨などで濡れてしまったら、乾く前に「コピー用紙などの白紙」を濡れてしまったページ1枚にはさみこみ、重い本などをのせて置いておくと紙がシワシワにならず綺麗に乾くとのことだ。

ポイントは

  • 紙を1枚挟む
  • 重りをのせる

の2点に気をつければよいようだ。確かにこの方法であれば机の上にある身近なものを使って綺麗にすることができる。

しわくちゃな紙を元に戻す方法

では既にシワシワになっている紙を綺麗に戻す方法はないのだろうか。方法はないか調査してみた。

  • ティッシュを下に敷いて水を吹きかける
  • 上にティッシュをもう1枚重ねる
  • アイロンで伸ばす

雨で濡れたりシワシワになってしまった紙を元通りにする方法 | 女性の美学

アイロンを使う必要があるものの、これだけでシワを伸ばすことが出来るらしい。一旦水で濡らすのがポイントだ。しかし、水性インクを使ってある場合、水を使うわけにはいかないので、端っこの方でテストすることをおすすめする。

お札のシワを伸ばす方法

ついでなのでお札を伸ばす方法も調べてみたが、アイロンを使うだけではないようだ。なんと大根おろしをお札の両面に塗って、アイロンでプレスしている衝撃的な動画があった。

「冷凍庫に入れるというのも聞きますがどうなんでしょうね・・?」というコメントがあったが、なんと冷凍庫に濡れたままの本を入れておくと波が消えるという情報を入手した。

「うっかり本を濡らしてしまった場合、濡れたまま冷凍室に一晩以上入れておくと紙の波打ちが直ることがある」というライフハック - Togetterまとめ

もし、図書館で借りた本が雨で濡れてしまったら、この方法を試してみてはいかがだろうか。覚えておいて損はないはずだ。

記事作成日: 2016年2月27日 / 最終更新日:2016年4月23日

スポンサード リンク