これは画期的!猫背を治す座り方が話題

これは画期的!猫背を治す座り方が話題

kamodayz / Pixabay

これは画期的!猫背を治す座り方がTwitterで話題になっている。

まさに盲点。なんと椅子を逆向きにして座るだけで、胃腸の圧迫を軽減し腹痛までも治療してしまう画期的なアイデアだ。

作業に集中してくると前かがみになり、胃腸の圧迫が発生し腹痛が起きるが、背もたれを前にすると圧迫されないとのことだ。

スポンサード リンク

画像には、椅子の背もたれを前にした姿が写っている。

確かに背もたれがあることによって、前傾姿勢になり猫背になりそうな気がするが、胸部を背もたれにつけることによってお腹の圧迫が軽減するとは素晴らしい発見である。

しかし本当にこの座り方でよいのか、調査と検証を行う必要がある。ということで「正しい座り方」に関する興味深い記事を見つけた。

「前かがみでお尻を一番後ろまでグイッと引いて座ろうね」このように座ってから体を起こすと、背もたれに支えられて骨盤が立つので、その上にある背骨もまっすぐ伸びます。そのため、いい姿勢を保ちやすくなります。正しい座り方は、「背筋ピン」ではなく「お尻をグイッ」:PRESIDENT Online - プレジデント

これはすごい、背筋を伸ばすのではなく前かがみになってお尻を引くことが正しい座り方の極意だそうだ。まさにこの座り方を簡単に実現するドンピシャな方法ではないか。正しい方法で骨盤を立たせると、頭を背骨全体で支えることが可能となるので疲れにくいのだ。

編集部でも、様々な椅子で試してみたが背もたれを調整できるタイプがよいという結論に至った。背もたれが傾き過ぎて固定されている椅子は前に持ってくると座りにくい。

ツイッター上ではこの革新的な座り方を絶賛する声が多数よせられており、以下のやり取りも寄せられた。

  • 素敵な絵に惚れました!
  • 元インストラクターの方によると「腰がそらないようにするといい」だそうです


ねこシネマ。

猫背なあなたは、椅子の方向を逆にして座ってみてはいかがだろうか。

記事作成日: 2016年2月15日 / 最終更新日:2016年4月23日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク