これは凄い!フロントガラスの氷や霜を取る方法

これは凄い!フロントガラスの氷や霜を取る方法

uknowgayle / Pixabay

あまりの寒さに、氷による車体の残像がTwitterで話題になっている。

画像には、車のフロントバンパーとグリルにフロントスポイラーらしき氷の結晶が写っている。ステルス車のようだ。

一体どうすればここまで綺麗に型が残るのか疑問である。

スポンサード リンク

寒すぎて車の残像が残る

海外では車体全てが凍結した映像もある。それがこれだ。

どうやら、エリー湖の岸に車を停車していたところ、冬の波によって凍結してしまったとのこと。これは春を待つしかないのか。他に幻想的な凍結もあった。

雪と氷結により、羽が生えたような凍り方をしている。これくらいの凍結であれば、エンジンをかけて暖めればなんとか動かせそうだ。

フロントガラスの氷や霜を取る方法

せっかくなので、フロントガラスの氷や霜を取る方法を調べてみた。冷えきったガラスにお湯をかけてしまうと、急激に温度が上がりガラスが割れてしまうおそれがある。ではどうすればよいのか。

フロントガラスの氷や霜を取る方法は「酢をかける」ことである。

フロントガラスに酢をスプレーするのを忘れてしまったとしても、車に乗る前に酢をスプレーすれば、氷をより速く溶かすことができます。車のフロントガラスの氷対策に「酢」を使うべし | ライフハッカー[日本版]

YouTubeにも酢と水を混ぜたスプレーを窓にかけて霜を取る映像があった。後は、エアコンの霜取り機能の「デフロスター」を同時につけておけばよい。

もしフロントガラスが霜で凍結した時は酢をかけてみてはいかがだろうか。

記事作成日: 2016年2月3日 / 最終更新日:2016年4月24日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク