この発想はなかった!ポップコーンの作り方が話題

この発想はなかった!ポップコーンの作り方が話題

dbreen / Pixabay

映画に行くと高確率でポップコーンが食べたくなる。塩派の人もいればキャラメル派という人もいるだろう。遊園地などに行けば、チョコレートやメープル味まである。

ところで、ポップコーンの作り方がTwitterで話題になっている。

スポンサード リンク

話題の動画

トウモロコシの表面全てにバターを塗っている。そしてバターが塗られたトウモロコシをレンジに入れてチンする。そうすると、なんとトウモロコシの表面が白くなりポップコーンが出来ているではないか!その後は塩を振りかけて食べると。

こちらはツイートに動画が貼られたものだ。

なんと手軽にポップコーンが作れるのか。まさしく盲点である。しかし、塩の代わりにコンソメやシナモン、もしくはチョコレートソースやキャラメルソースなどをふりかければ、映画館などで食べるポップコーンができる。家に居ながら、出店で食べるような、熱々のポップコーンが食べれるのはありがたい。

コメントによると、電子レンジで3分チンするだけとのこと。

そもそも、ポップコーンはどうやって作るものなのだろうか。

  1. 鍋やフライパンで炒る
  2. 紙袋に入れてレンジでチンする

一般的には上の二パターンが有名だろう。フライパンで炒る場合は、ポップコーンの豆をフライパンに入れて油を入れ蓋をして中火。しばらくすると豆が弾けてポップコーンができる。豆は以下のものを使うとよい。

紙袋でポップコーンを作る方法の動画があったので貼っておく。

ツイッター上ではポップコーンの作り方を絶賛する声が多数よせられており、2016年2月1日に投稿されてからすでに10000回以上もリツイートされており、以下のコメントも多く寄せられた。

  • 電子レンジの内側が油で大変なことになりそう
  • こんなん、生まれ初めて見ました
  • 黒もちとうもろこしや、おおものという最大級のとうもろこしでやったら、面白そうだな
  • 生とうもろこし使用だから夏まで待たねばね

確かに、とうもろこしがスーパーで並ぶまで待たないといけないかもしれない。

もし焼きたてホヤホヤの熱々ポップコーンが食べたくなったら、この方法を試してみてはいかがだろうか。

記事作成日: 2016年2月3日 / 最終更新日:2016年4月24日

スポンサード リンク