新しい電気ケトルの使い方がTwitterで話題

新しい電気ケトルの使い方がTwitterで話題

misssuck0 / Pixabay

どんな家庭にでも必ずあるティファール。調理器具・キッチン用品・生活家電といえばこれ。新しい電気ケトルの使い方がTwitterで話題になっている。

電気ケトル・圧力鍋・電気蒸し器・アイロン・鍋・フライパンが有名だが、中でもあっという間にお湯を沸かせる電気ケトルは外せない。

スポンサード リンク

普通は水を入れてお湯を沸かして、カップ麺に入れたり、コーヒーをいれたりするのだが、Twitter上でとんでもない使い方に多くのコメントが殺到している。

こちらは何をしているのかというと、ティファール(電気ケトル)に水だけでなくうどん麺を入れてそのまま沸かし、お湯を捨てて、うどんを茹でているのだ。まさに盲点な使い方だ。

ティファールに冷凍うどん麺を入れてみた

tfal

編集部でも試したみたが、無事に食べることができた。

そういえばうどんがらみの話題で、以前10分どん兵衛が話題となったことがあった。

なんと10秒どん兵衛もある。

今年はうどんに関する話題が多い。メーカーも今年はうどんを調理できる系の機材を出すとよいかもしれない。

ネット上には一風変わった電気ケトルの使い方を絶賛する声が多数よせられており、2016年1月28日に投稿されてからすでに10500回以上もリツイートされ、以下のコメントも多く寄せられた。

  • 一家に1台うどん茹で機。残念なのは1玉しかいけない
  • 洗い物がティファールとお皿だけなので非常にエコ
  • 水は気持ち多めがいい
  • 冷凍なのでねちゃねちゃもほとんど無い

冷凍うどん麺はこちらがおすすめだ。

コメントを見る限り、麺は冷凍麺がよいようだ。是非あなたも冷凍うどん麺を購入して電気ケトルに投入してみてはいかがだろうか。洗い物も少なくなり、あっという間にモチモチうどんを食べれるので、小腹が空いた時に助かるはずだ。

記事作成日: 2016年1月29日 / 最終更新日:2016年4月24日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク