やる気がでない時に、ドーパミンを増やす方法

やる気がでない時に、ドーパミンを増やす方法

FlashBuddy / Pixabay

何をやっても面白くない、やる気がでない・・・そう思うことありませんか?

筆者の場合は「やる気がでない」だけでなくて、「楽しいことが分からない、あまり動きたくない」と感じるくらい無気力な時期がありました。結局タバコと酒(参考:1週間で分かる!禁煙の効果とメリット)を辞めたら改善されたのですが、やる気の根源を調べていくうちに「ドーパミン」が強く影響していることが分かりました。

スポンサード リンク

以前、楽しいときや嬉しいことがあったときに分泌される鎮静作用のあるエンドルフィン(脳内麻薬の出し方!エンドルフィンを分泌させる方法)について書きましたが、今回は、やる気がでないときにやる気を高める効果のあるドーパミンについて書きました。

ドーパミンとは何か?

やる気が出たり、「幸せだなぁ」と感じたりすることがあると思いますが、そういった快感を得るホルモンのことです。ドーパミンが不足するとパーキンソン病やむずむず脚症候群、うつ病など様々な病気の他に、依存症になりやすくなります。

簡単に得ることができるタイプのドーパミン

酒・タバコ・ギャンブル・ゲーム・セックスなどを行うと、これら以外でドーパミンが自然に分泌されなくなるので、やる気がでない状態になるそうです。確かに、ゲームやギャンブルに熱中している時期は仕事に身が入らないですし、毎日が無気力になっていました。

最終的には「自分が何者なのか分からない、何もやりたくない」と感じるようになっていたのです。

楽は苦の種と言いますが、簡単に手に入るモノの先に栄光はありません。

ドーパミンはうつ病、依存症、ADHD、統合失調症といった多くの精神障害にも関係があるとされています。人がカフェイン、アルコール、砂糖、薬物、ショッピング、ビデオゲーム、セックス、権力、ギャンブルへの過度の依存したり、中毒になることと似ています。
麻薬などに頼ってドーパミンレベルを上げると、ドーパミンが自然に分泌されなくなりますので、非常に危険です。
やる気が出ない〜!ドーパミンを増やしてやる気を上げる9つの方法

もし、あなたが普段「仕事や生活が面白く無い」と感じているのであれば、酒タバコ・ギャンブル・ゲーム・買い物などの不健康なことによって、ドーパミンを簡単に摂取してしまっているのが原因なのかもしれません。

小学生の時って、何をやっても楽しかったでしょう?おそらく、酒・タバコ・ギャンブルなどをやってなかったのも、要因の一つだったのではないかと思います。

最初はきついかもしれませんが、禁煙・禁酒などを続けて、ドーパミンの分泌量を正常値に戻すことも大切かと思います。筆者は禁酒・禁煙・禁ギャンブル・禁ゲームなど、娯楽の類を制限してから、ちょっとしたことで「楽しい」と感じることができるようになりました。

ドーパミンを出すベストプラクティス

健康的な方法でドーパミンを分泌させる方法もガッツリとやる気が出た!ドーパミンを増やす方法で書いていますが、補足としてドーパミンを上げる方法をリストアップしました。

1.新しいことに挑戦する

陶芸やガーデニングなど、今まであなたがやってなかったことに挑戦してみましょう。

2.いつもと違うことをやってみる

いつも通るであろう通勤路や買い物コースを意図的に変更して、頭に新鮮な刺激を与えます。

3.小さな目標を達成させる

人間は怠け者なので目標が高くなればなるほど確実に動きません。例えば「日記を書く」を目標にした時に、やる気がでない時は、まだ目標が高いと感じている証拠。この場合「日記帳を開く」という風に目標を下げることが必要です。

4.髪をバッサリ切る

美容室に行って、「髪をバッサリ切ってくれ」と言うだけで気分転換になるかもしれません。

5.チョコレートを食べる

チョコレートには興奮材料であるカカオが多く含まれているので、やる気が出ないときはチョコレートを食べるという手もあります。

6.運動・筋トレをする

運動や筋トレも最初は目標を低く設定するほうがいいです。少ない回数でも「達成できた」と思わせることが大切。

7.音楽を楽しむ

テンションが上がるような音楽なら、ロックでもクラシックでもなんでもよいです。やる気がでない時の対処法として音楽を聴くことは即効性があります。

8.整理整頓をする

よく分かりませんが、やる気が出るときがあります。

この中でも比較的カンタンにドーパミンレベルを上げれそうなのが「新しいことを行う、小さな目標達成」なのかなと思います。小さな目標に関して言うと「取るに足らないような行動」でもOKです。例えば、PCの電源を入れるとか、日記を書くとか、無理せず出来る目標と行動です。

チロシンを摂る

ドーパミンは、チロシンから作られます。

チロシンは脳を興奮状態にしてやる気を起こさせるドーパミンや、脳を緊張状態にし集中力を高めるノルアドレナリンの材料となるため、うつ状態の治療に効果があります。ドーパミンやノルアドレナリンが脳内で不足すると、無気力や無関心を引き起こし、うつ病となります。 チロシン | 成分情報 | わかさの秘密

こちらはチロシンが豊富に含まれる食材リストです。

  • 納豆
  • りんご
  • アーモンド
  • バナナ
  • コーヒー
  • オートミール
  • チーズ

チロシンはドーパミンの原料になるだけでなく、不眠やうつ病にも効くアミノ酸です。慢性的な疲労を感じた時にも効果ありです。

記事作成日: 2015年12月4日 / 最終更新日:2016年4月24日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク