1週間で分かる!禁煙の効果とメリット

1週間で分かる!禁煙の効果とメリット

person-731484_640

最近、世間では「タバコ吸う人=ダサい、臭そう、貧乏そう」的な風潮になっています。

周囲で煙草を吸っている人も少なくなりました。タバコを吸わない人は、今の時代オシャレに見えますし、富裕層でもタバコを吸っている人は少ないです。

筆者も「ダサイ人」に見られたくないので、禁煙を始めました。20年間毎日吸っていたので、急に禁煙するのは難しいと思ったのですが、どんな変化が体に起こるか楽しみなのもあり、スタートしてみました。禁煙って面白いですね、その理由をご説明します。

スポンサード リンク

禁煙の効果と影響

依存症は一生治らない

sad-girl-236769_640

依存症には、アルコール、タバコ、薬物、買い物、ギャンブルなど様々なタイプがあります。そもそも喫煙者は依存症です。依存症は一生治りません。再発の危険と隣合わせです。

麻薬や煙草などに見られる「渇望感」は、禁煙期間が長くなっても影響力が弱まらないとのこと。つまり、一生付き合っていかなくてはならないということです。ちょっとしたきっかけで依存状態に戻るため、完全に断つしかありません。

「行動神経科学部門のGillinder Bedi氏によると、人は使用するドラッグに関連する誘因に接触したときに渇望(craving)の増加を感じることが多いが、今回の研究では、禁煙期間が長くなってもこのような影響が弱まらないことがわかったという。」

長期間の禁煙後もたばこへの渇望は消えない(2010.9.24掲載)

ニコチンはヘロインとかコカインと同じくらいの依存性があります(参考:タバコにはどんな害があるの?「依存症とニコチン」- すぐ禁煙.jp(ファイザー))。つまりドラッグ並に辞めるのが困難。辞めるというよりも、死ぬまで禁煙を継続していく感じでしょう。

また、タバコを吸っている人は、吸っていない人と比べ肌年齢が5歳以上老けて見えるそうです。ほうれい線などのシワが濃くなり、どす黒い肌色になっていたり、特有のスモーカーズフェイスになっているといいます。

[スモーカーズフェイスとは] 外観は顔の急速老化であり、顔のシワと血色の悪さの特徴的様式がある。

スモーカーズ・フェイス - Wikipedia

喫煙の影響

タバコは血管を収縮させ、ハゲホルモンであるジヒドロテストステロンの数値を上げてしまいます。血管拡張すれば発毛しますが、血管収縮すれば抜け毛が増えます。他に精力減退など更年期障害の元になります。

  • 薄毛
  • ED、精力減退、生殖器が小さくなる
  • 肌荒れ、ほうれい線、シミ、口臭、歯茎が汚い
  • 集中力低下、体力低下、やる気喪失
  • 癌、糖尿病
  • 睡眠障害

こうやって、タバコのデメリットを書き出してみると危険ですね。怖すぎ。

禁煙の効果

禁煙に成功すれば、以下のような嬉しいことが起こります。更年期障害や薄毛に悩む人にも嬉しい効果。

  • 鬱の改善
  • 育毛、抜け毛が減る
  • 肌荒れ、シワの改善
  • ED改善
  • 癌のリスク軽減
  • 快適に睡眠できる

ニコチンはビタミンBやビタミンEを大量に消費するので、サプリで補っていても意味がないというか、タバコを吸うためにサプリを飲んでいるようなもの。タバコを辞めてビタミン系のサプリを摂取することではじめて効果が出ます。

禁煙に成功した男性は、喫煙を再開してしまった男性と比べ、「性的健康」が改善する可能性が高いことが、米国の研究で明らかに。 禁煙するとEDが治るって本当?!

また、♪♪♪禁煙して変わった事♪♪♪│面白いほど禁煙したくなるまとめブログで、禁煙後の変化が色々書かれているので参考にしてみましょう。

禁煙1週間の記録

禁煙初日「離脱化」

肺が浄化作用を始める初日。禁煙を始めて7時間経過したが、早速離脱症状なるものが出てきました。

  • タバコを吸いたいという欲求にかられる
  • ベランダでタバコを吸っている自分を何度も想像してしまう
  • 誘惑を誤魔化すために、ラーメンとアメを食べる
  • 全く落ち着かず、仕事が手に付かない

肉体的な離脱症状はなかったが、精神的な「たばこ吸いたい欲求」が出てくる。禁煙初日から地獄ですね。

禁煙2日目「囚人化」

禁煙開始から24時間経過した。何度もタバコを吸おうと試みる。皮肉にもタバコを吸いたいのを誤魔化すために、筋トレ、歯磨き、風呂、早起きしたり、刑務所の中にいるような健康的な生活に。以下のような症状が出ました。

  • 強烈な眠気
  • 仕事が手に付かない

禁煙すると逆にストレスは減るらしいです。

「喫煙者のいうストレスの多くは、ニコチンが切れたことによって起きる禁断症状に由来するからです。禁断症状を緩和しようとして、また、タバコを吸うという悪循環が起きてしまいます。」

喫煙とストレスの不思議な関係: 禁煙センセイの "楽しく禁煙"

禁煙3日目「ショートスリーパー化」

常に眠いですが、数時間すると目が覚めます。

ところで、体内からニコチンが消滅するのに72時間かかるそうです。ニコチンが無くなれば「快楽を感じるアセチルコリン」という物が復活し出すので、禁煙も少しは楽になります。つまり3日目が一つの山となります。

肉体的な変化が少しだけありました。階段を登っても息切れしないし、目覚めがいい。起きる瞬間に「何か大切なものを失っていく」ような喪失感を感じましたが、多分これがニコチンでしょう。

何度も眠気が襲ってきます。でも眠気はさほどきつくありません。「一本だけ吸おうかな・・・、いや駄目だ」というような精神的な葛藤がきついです。

禁煙4日目「豚化」

口寂しいのか、食欲が出てきます。夜食のラーメン、アメ、ガム、チョコレート。豚のように食べてしまいます。

喫煙を吸いたくなるたびに歯磨きをしていたら、歯についていたヤニが落ちて綺麗になりました。歯を磨くことが楽しくてしょうがないなんて生まれて始めてかもしれません。

急に眠くなったかと思えば、すぐに目が覚めたり睡眠は不安定です。禁煙するとご飯が美味しくなるといいますが、味は全く変わりませんでした。便秘になってます。鬱のような症状が消えました。

禁煙5日目「野生化」

野生化してきます。

吸いたいというストレスからくるものなのか分かりませんが、飛び跳ねて噛みつきたい衝動にかられます。遠くの物音を聞き取れ、暗闇でも物が見えやすくなったような気がします。

タバコを吸いたいと思ったときは、筋トレを何度も行いました。イライラする気持ちを筋トレにぶつけるわけですから、喫煙時より何倍もの回数をこなすことができました。

禁煙する前は「何をやっても面白くない、やる気がでない」と思うことが多々ありました。鬱状態ですね。でも、この頃から「何かやってみようかな」と少し前向きな気持ちが出てきます。

禁煙6日目「凶暴化」

スーパーサイヤ人化します。

エネルギーが満ち溢れているようです。恐怖心が麻痺し、大声で叫びながら、大暴れしたくなるような感じで、10代に戻ったような気持ちがします。おそらく、禁酒・禁煙と亜鉛・ビタミン摂取によりテストステロン値が大幅に回復したのではないかと思います。

筋トレは、1セット終わると、すぐに呼吸が回復するので、ダンベルフライや加重スクワットなど高負荷トレーニングのセット数が増えます。筋力が増えているわけではないので回数は増えませんが、体力が回復しやすくなっているので筋肉痛になるまで延々と出来てしまいます。筋肉を早くつけたい人は、間違いなく禁煙と禁酒を行うべきですね、おそらく早くマッチョになれるんじゃないでしょうか。

後の変化はこちら。

2016/05/26追記:5ヶ月目にしてEDの症状(中折れ・勃起が持続しない・硬さが無くなるなど)のようなものが突然治りました。10代の頃のようです。勃起力が無くなった人は禁煙することで治るかもしれません!

禁煙のコツ

意図的にドーパミンを出す

タバコを吸うとドーパミンが出ます。脳は「ニコチンは簡単にドーパミンを出してくれる」と覚えているので、禁煙すると「早く吸ってドーパミンを出せ」と催促するそうです。これが禁断症状ですね。

タバコ以外では好きなものを食べたり、褒められたりした時に出るそうです。また「計画を立てる」だけで、ドーパミンが出るらしいので、目標を立ててワクワクしてみましょう。以下、ドーパミンを増やす方法をまとめました。

  • カカオ70のチョコレート(多幸感を感じるらしい)を食べる
  • ゲーム
  • スポーツ観戦
  • 計画を立てる
  • タンパク質を摂取する

※ 麻薬依存を治療する時に、チョコレートを使うことがあるらしいですね。チョコレートには脳内麻薬であるカフェイン、テオブロミン、モルヒネのような鎮痛作用があるエンドルフィン、覚せい剤と似た作用を持つフェネチルアミンなどが含まれます。

まるでドラッグ!?チョコレートがやめられなくなる理由 by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)

タバコの代替品はいらない

禁煙パイポ、禁煙パッチ、電子タバコなどタバコの代替品となりそうなものは、あえて使わないようにしました。タバコの習慣そのものを断ち切りたかったからです。禁煙グッズを使わずに精神力のみで乗りきれるかどうか試してみるのも面白いですね。精神力のみで禁煙できたら、自信がついて何でもできそうな気がします。

代替品をしいてあげるなら

  • 緑茶(カフェインなど刺激があるもの)
  • 筋トレや運動
  • 歯磨き
  • 糖分を摂取する

あたりでしょうか。筋トレによってスタイルがよくなり、顔のシワが減り、お肌も若返り、歯は白くなり、緑茶の効果によって記憶力の向上など、いいコトずくめですね。

禁酒と禁煙は、どちらが難しいか

筆者は20年以上毎日欠かさず、酒と煙草を吸っていたのでどちらも難しかったのですが、しいて言うなら「禁煙」のほうが難しいですね。酒は夕食時だけ気をつけていればよいですが、タバコは寝ている時以外は全て危険時間帯です。

とはいえ禁煙は最初の3日間を乗り越えれば何とか継続できますし、禁酒は夕食時だけ気をつけておけばOK。制限系で一番難しいのは「ギャンブル」でしょうか。ギャンブル依存を治す場合は、住んでいる場所を変えたりする必要があるので面倒です。

ともあれ依存症から脱却するときって「寂しさ」を感じるものです。食後の口寂しさとか、夕食時に酒を飲まない寂しさとか。しかしながら、寂しさの正体はドーパミンや習慣であり、しばらく禁煙を続けてみれば、寂しさや習慣も減っていくものだと思います。

十代の頃の体と精神を取り戻すために

10代の頃の体力と外見を取り戻すために、今筆者が実践していることをリストアップしましたので、若返りたい人は参考にしてみてください。

  • 禁酒(テストステロンの低下を防ぐ)
  • 禁煙(全ての機能回復、老化抑制)
  • 禁欲(亜鉛喪失を防ぐ、テストステロン維持)
  • 減糖、減塩(老化防止、メタボ対策)
  • 一汁一菜、少食(サーチュイン遺伝子活性化)
  • 筋トレ、運動(テストステロン上昇、スタイル維持)
  • 湯シャン(髪質改善・育毛促進)
  • 禁ギャンブル(時間の無駄)
  • 舌回し運動(ほうれい線を消す)
  • タンパク質、亜鉛、野菜の摂取(細胞の修復)
  • 猫背矯正(テストステロン上昇、スタイル維持)
  • 闘争心が上がる動画(格闘技・トレーニング)を見る

整形や薬を使わなくても、上記のリストを実践するだけで健康的に若返ることができます。

タバコを吸う理由を考えてみる

20年以上前、タバコを吸い始めた時のことを思い出しました。なぜ吸おうと思ったのか。

  • かっこつけたい
  • 友人が吸っているから

今、考えるとくだらないですね。今は「タバコ吸う=くそダサい」風潮になってるし、周囲で吸っている人も少なくなりました。タバコを吸わない人って、今の時代はオシャレに見えます。

むしろ「喫煙者=意思が弱い」「喫煙者=非衛生的、口臭が臭い人間だと思われる」となると、タバコを吸う理由ってないんですね。無理して、ダサくならなくてよいかと。

タバコを吸わない人は、オシャレでカッコいい

そう考えると、最初はキツくても頑張って禁煙を続けたいと思うわけです。

自力で禁煙できそうにない時は

なぜか読むだけで禁煙できるというこの本。成功率は脅威の90%!本当かな?

愛煙家のイメージが強かった誰もが知っているあの芸能人も、この禁煙セラピーで禁煙を成功させたっていうから読んでみる価値はあるのかも。

ヘビースモーカーであればあるほど簡単にやめられると話題になっているので、騙されたと思って一度読んでみては。

記事作成日: 2015年12月3日 / 最終更新日:2016年5月26日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク