やらなきゃ損!いつものタオルがアレをするだけでふわふわに!

やらなきゃ損!いつものタオルがアレをするだけでふわふわに!

ふんわりタオル3

お気に入りのタオル、何度も洗っているとふんわり感が損なわれていきますよね。

でも、あることをするだけで、お気に入りのタオルがふんわり仕上がるんです!
やり方は超簡単なので、やらなきゃ損ですよ!

スポンサード リンク

タオルをふんわり仕上げる方法とは

タオルをふんわりとさせるために必要なものは…
あなたの手!

特別なものは何も使いません。普通に洗濯したあと、干す前にあることをするだけなのです。

干す時って、いつもどうしていますか?タオルをパンパンッと軽く叩いたり、数回振ったりして干していると思います。

その瞬間がポイント!

タオルを洗って、干す前に5回以上パタパタ振ってから干してください。5回以上なので、7回でも8回でも10回でも、振れば振るほどふっくらふんわり仕上がるのです。

たったそれだけでぇ~!?と疑っているあなたのために、「タオルを5回以上振る」を実践した結果をお見せいたします。

タオルを振って乾かした結果

ふんわりタオル1

右側が普通に干したタオルで、左が10回振ってから干したタオル。
わかりやすいように、同じタオルを3枚ずつ用意してみました。

どうですか?

どの角度から見ても、ふっくらふんわり感が違うことがわかると思います。
たたみ方はもちろん同じですよ。ただ、いつもと同じようにパンパン叩いてシワ伸ばしをしてから干したタオルと、パタパタ10回振ってから干したタオル。

ふんわりタオル2

干し方を変えたわけでも、柔軟剤を変えたわけでもなく、「タオルを振る」という超簡単な作業だけでこんなにも違いが出るとは、正直ビックリです。

お金をかけず、数秒かけるだけでふっくらふんわり。

大切なお肌に毎日直接触れるタオルなので、ぜひ実践してみてくださいね!

記事作成日: 2015年10月19日 / 最終更新日:2016年4月24日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク