仕事が早い人だと言われるために

仕事が早い人だと言われるために

仕事

仕事が早い人だと言われるためにどうすればよいのか、どういったことに気をつけるべきなのか、経営者の視点から殴り書きしておきます。

依頼された仕事や必須タスクがある場合、とにかく早く着手する人。とりかかりが早い人ほど、仕事の穴や調査すべきことを早期発見できます。これが締め切りギリギリで着手してしまうと、納期までに終わらすことが目的となってしまうので、やっつけ仕事になります。

スポンサード リンク

早い着手

また、あの案件はどうなっているの?と進捗状況を聞いたときに、ほとんど進んでいないことが分かると不安になりますし「こいつダメだ」と思わざるを得ません。まずは仕事が出来るできない以前に、着手するまでの時間を早めるべきです。

短時間、高クオリティ

与えられた仕事に対して時間をかけずに、質の高く求められる以上の結果を出す人。つまり慣れている状態ということになりますが、経験値が少なくても一度調べた知識を復習したり、ノウハウをメモしておいたりすることで次の作業時間を短縮することが可能です。

与えられた仕事をこなす中でクオリティを高めるのではなく、クオリティを高められる準備を事前にしておくのです。いざ仕事をふられた時も慌てることなく対処できるはずです。

前もってテンプレートを作っておく

サラリーマン時の私が以前よく使っていた方法ですが、与えられる仕事を前もって察知し、マーケティングのひな形や、コードスニペット、クライアントさんへの返信内容テンプレートなどを何パターンも事前準備し、お客様へのレスポンスを早めていました。

普段、空白の時間を見つけてはテンプレートを作成したり、ツールを駆使しながら、いつでも戦えるようにすることが作業時間短縮のコツです。

他人を使う

全部自分で行うとリソースが限られるために時間はかかるし、学習コストもかかります。仕事が早い人は「他人に上手に仕事を頼める人」です。周囲にスタッフがいなければ、ランサーズなどの外部リソースを活用すればよいでしょう。

商品知識がある

当たり前のことですが、自社の商品知識やテクニカルな技術に関しても知っておくと、他社やお客様の信頼度が増します。自社の商品知識について詳しく無い人から商品を買いたくないと思うのは私だけでないはずです。

あなたにしか出来ない仕事!だと言われる

他社も出来る結果を出すのなら、わざわざあなたの会社で頼まなくてもよいはずです。高単価でもライバルに勝つには「あなたの会社、あなたしか出来ない仕事だ!」と思われる必要があります。

そのために必要なことは「誰よりも勉強すること」であったり「誰よりも経験を積むこと」など、努力が必要ですね。

一手間かけて納品する

もう少しだけ工夫してみよう、もう少しだけ使いやすくしてみよう・・・と面倒でも一手間かけると意外とその工夫が付加価値や差別化とつながります。

記事作成日: 2015年4月20日 / 最終更新日:2016年4月24日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク