妊活中の食べ物って大事?食べたくなった時の対処法

妊活中の食べ物って大事?食べたくなった時の対処法

妊活中の食べ物1

妊活をする上で、食べ物は非常に重要なポイントのひとつです。

妊活に悪いとされる食べ物を食べたくなった時、ただただ我慢するのはストレスになって逆に体に悪いということも。そこで今回は、妊活中に悪いとされる食べ物を食べたくなった時の対処法を中心にご紹介します。

妊活中の食べ物って大事?

妊活中の食べ物2

妊活をする上で、食べ物は非常に重要です。

私たちの身体は、自分が口にした物からできています。健康を害するのも、食べ物の影響が大きいことは、みなさんご存知だと思います。摂取する食べ物の栄養が偏ると、徐々に健康に影響を及ぼします。

妊娠は、健康であってこそできるという部分が大いにあります。

私は昔から胃腸が弱く、虚弱体質なところがあり、また、自律神経失調症を患って寝込んでいた時期もありました。体質改善の為に、漢方医さんのいる病院を受診した時、胃腸が弱いと栄養の吸収が悪くなり、妊娠しづらくなると言われました。

自分でもいろいろと調べましたが、人間というのは、まずは自分の命を守ろうとし、十分に守れないと身体が感じると、自らの生命維持に直接関係のない、生殖機能をストップさせるそうです。

ダイエットのし過ぎで排卵や生理が止まるのも、人間のもつ防衛本能がはたらくためなのですね。

私は無排卵になる時があるので、身体が生命の危機を少なからず感じていたのかもしれません。摂取する栄養の偏りも、生命維持の危機を身体に与える可能性がとても高いと考えられます。

妊娠によいと言われる食べ物は多々ありますが、そればかり食べていればいいというわけでありません。全体のバランスを考えた食事を食べることが、妊活をする上では大前提になります。

その上で、妊娠しやすくなると言われる食べ物を食べるようにしてください。

妊活に悪いとされる食べ物が食べたくなった時

妊活によいとされる食べ物や悪いとされる食べ物は、ネット上などに出回っていると思います。

妊活女子の為の食事の取り方とおススメメニューには、身体を温める食材の色での見分け方などが紹介されています。参考になると思いますよ。

ここでは、食べてはいけないと言われている食べ物を食べたくなった時の対処法をお伝えしたいと思います。

冷たい食べものなど身体を冷やす食べ物が食べたくなった時

妊活中の食べ物3

アイクリームなど、特に暑い夏には食べたくなると思います。しかし、冷たい食べ物は血流を悪くするので、積極的に控えるようになどと言われます。もちろん、妊娠してからも控えるように言われるでしょう。

すると、出産するまでアイスクリームを我慢しないといけないの!?ということになってしまいます。もしそうなら、そんなのストレスでしかありませんよね。

体に良いことをするためにストレスが溜まり、そのストレスのせいで血流が悪くなってしまうことや、ホルモンバランスが乱れること、免疫力が低下して病気にかかりやすくなることなども考えられます。

これでは本末転倒!息抜き程度になら、冷たい物も食べた方が健康的であるとも言えそうです。ただでさえ、妊活中はストレスが溜まりやすいですからね。

私もアイスクリームを我慢した経験がありますが、もう我慢するのはやめました。

そのかわり、アイスクリームを食べた後は、必ず身体を温める作用のある飲み物を飲むようにしています。

ここでひとつポイントがあるのですが、その飲み物が単に温かいだけだと、一瞬温まった後に身体は冷えに転じてしまいまう恐れがあります。温かい飲み物を飲むときには、ショウガ湯など「身体を温める作用」のある飲み物を飲むのがオススメです。

ちなみにショウガは、生のままだと身体を冷やしますので要注意です。必ず熱を加えて摂取してくださいね。ショウガ湯以外にも、実は、紅茶やココアもオススメです。

紅茶は発酵させた茶葉を使っているので、身体を温める作用があります。またココアには、血管拡張作用のある、テオブロミンとポリフェノールが含まれており、冷え性改善の効果も認められています。

紅茶に生姜粉末を入れて生姜紅茶にして飲んでも美味しいですよ。

果物を食べたくなった時

妊活中の食べ物4

果物も身体を冷やす食べ物として有名です。

どうしてもフルーツ類が食べたくなった時は、ショウガ湯などとの合わせ技を使うのもよいのですが、実は果物の中には身体を温める作用のある物も存在します。

これを知っておくととても便利ですよ。

〈身体を温める果物〉

  • あんず

〈どちらかと言うと身体を温める果物〉

  • りんご
  • いちご
  • ぶどう
  • すもも
  • きんかん
  • プルーン

妊活中は、普段よりも増して、スナック菓子など添加物が含まれた物は避けた方がよいと言われています。

間食を果物に置き換えるだけでも立派な妊活です。

果物以外にも、ビタミンEが豊富とされるナッツ類なども間食としてはオススメです。

ナッツ類の中でもクルミは、最近いろいろな効能があると注目の食材です。いろいろ食べてみましたが、このクルミが食べやすくて美味しかったので一番のお気に入りです。温野菜と一緒に食べたり、炒めものにも入れたりして食べています。

ビタミンEは血流がよくなることから、不妊治療薬の1つとして処方されることもあります。私も現在、処方されて飲んでいます。

※不妊・妊活についてのシリーズは続きます。

記事作成日: 2015年3月30日 / 最終更新日:2016年5月27日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク