職場や学校での人間関係がうまくいかない?パーソナリティ障害を調べてみた

職場や学校での人間関係がうまくいかない?パーソナリティ障害を調べてみた

人間関係

職場の人間関係がうまくいかない、上司や同僚に対して常に懐疑的でコミュニケーションをとれない。

それだけではなく、自分一人だけ変わった行動をしてしまう、そんな悩みを持っていた時に色々調べてみたところ「パーソナリティ障害」という精神疾患に関するワードを見つけました。

スポンサード リンク

パーソナリティ障害とは何なのか

厚生労働省のサイトによるとパーソナリティ障害とは以下のことを言うそうです。

パーソナリティ障害は、大多数の人とは違う反応や行動をすることで本人が苦しんでいたり、周りが困っているケースに診断される精神疾患です。

パーソナリティー障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

文化的な平均から著しく偏った行動の様式であり、特徴的な生活の様式や他者との関わり方、または内面的な様式を持ち、そのことが個人的あるいは社会的にかなりの崩壊や著しい苦痛や機能の障害をもたらしているものである。

パーソナリティ障害 - Wikipedia

こうやって見てみると社会的に孤立しやすく、感情のコントロールが苦手で不安やイライラが強い人の特徴のように見てとれます。

人間関係とは

まずは人間関係について整理しましょう。社会(職場や学校、家庭)などで起こりうる人間と人間のコミュニケーション上で発生するトラブルや関係です。

人間関係(にんげんかんけい、英: interpersonal relationship)は、人間と人間の関係のこと。社会や集団や組織の場あるいは個人的な場における、感情的な面も含めた、人と人の関係のこと。

人間関係 - Wikipedia

会社の退社理由の中で一番多いのは「人間関係」だといいます。またストレスを生みやすいのも人間関係。

感情のコントロール

上記のようなパーソナリティ障害でなくとも、人間は感情によって動いている生き物。特に消費者などはこの傾向が強いですね。例えば

・安売り、お得、セール、ポイントで店に誘導されてしまう
・好きな芸能人が使っているグッズを買ってしまう

とお店が用意した単純な「仕掛け」に簡単にはまってしまうと。高揚感や「嬉しい、楽しい、得する、損しない」といった感情で動いてしまう。

また口喧嘩の時に感情的になり、自分の不利益になるような言動をしてしまったり、アルコールやギャンブル、自傷行為に逃げてしまったりと、感情のコントロールが効かないと、寂しい人生を送るはめになってしまいます。

感情のコントロール方法を知る

感情の力は他人を振り回したり、人の命を奪ったり、人間関係を壊したりパワフルな力を持っています。職場や家庭でも感情をコントロールしないと、いずれ孤立してしまいます。

感情をコントロールする一例として

・怒り→深呼吸する、少し時間をおいて行動・発言する
・悲しみ→姿勢を正す、話す、趣味に没頭する
・不安→集中出来る趣味や仕事に没頭する、コメディ映画を鑑賞する

など、自分なりの感情抑制方法を持っておくことで一時的な感情による損失を防ぐことができるかもしれません。

間違ったストレス解消法

ストレスが溜まったからといって、非生産的で一時的な解決にしかならないものってありますよね。例えば

・ギャンブルや女遊びをする
・酒を飲む
・買い物をする

など、一見ストレス解消に見えますが「非生産的で意味をなさない」ものより

・読書によって知識を増やす
・ジョギングをしてダイエット
・ドライブをして土地勘をつける
・絵を描いて、芸術性を上げる

といったように「健康的で意味のあるストレス解消法」を作っておくと人間関係もよいものに変わっていくでしょう。まずは、健康的なストレス解消法を見つけてみてはいかがでしょうか。

記事作成日: 2015年2月26日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク