薄毛や抜け毛対策になった!ボリュームを出すならこの方法

薄毛や抜け毛対策になった!ボリュームを出すならこの方法

薄毛や抜け毛対策

薄毛や猫毛なので髪のセットが決まらない、ボリュームも出ない。

シャワーを浴びた後に排水口を見ると抜け毛が沢山まとまりついている。男女問わずそういった薄毛問題で悩んでいる人は多いと思います。

筆者は薄毛といいますか、猫毛で細かったのでドライヤーやワックスを駆使してボリュームを出していたのですが、ワックスや整髪料はシャンプーでも落ちにくく、時間が経つと「ヘナっ」と髪型が決まらなくなるので、何かよい方法を探していたら素晴らしい方法があったので書いておきます。

スポンサード リンク

アンケート結果:薄毛と抜け毛問題が6割以上

地元の美容室で男性を対象にした美容室のアンケート統計結果を見せてもらったのですが、「薄毛で悩んでいる」という回答が47%もありました。残りは「髪のセットが難しい」が12%という結果に。他に薄毛で悩む人は男性だけでなく、女性にも多いと聞きます。

簡単に髪のボリュームを出す方法

薄毛が気になることもあり、前回頭皮の臭いやフケに効いた!お湯シャンプーが髪にいいで書きたように、毎日お湯のみで頭を洗っていたんですね。

その結果お湯シャンプーで数日後に薄毛が改善されたような兆候が出たのかな、髪にボリュームが出てセットが楽になったんですが、まだ気になっていたのが臭いとフケ。

お湯で髪を洗うメリットとデメリット

そうして2週間ごろが経過した頃でしょうか。お湯のみで洗う時に、頭のパーツごとに丁寧に洗うようにしたら、フケと臭いが消えました。つまりお湯のみで頭をパーツごとに洗うようにしたら以下のようなメリットが出てきたわけです。

メリット
・薄毛が改善、髪のボリュームが出る
・フケと臭いがしなくなる

デメリット
・指通りが悪くなる
・寝癖が取れにくくなる

頭のパーツ
・フェイスライン
・サイド
・フロント
・後頭部

お湯のみで髪を洗う方法は、薄毛を治したり、髪のボリュームを増やしたい人にはよいが、ストレートをかけて髪をサラサラにしたい人には不向きなんです。

ボリュームを出す髪の乾かし方

美容室でドライヤーをあててもらっても、全然ボリューム出ないですよね。薄毛は薄毛のまま。それもそのはずで美容師さんはお客さんの髪の癖を理解できないんです。何十年も髪を触り続けている自分が一番わかる。

以下が髪のボリュームを出す髪の乾かし方です。

1.両サイドからドライヤーをあてて、根本を乾かす
2.髪を流したい方向とは逆の方向から温風をあてる
3.髪を流したい方向に冷風をあてる
4.東洋人は後頭部が出てないので、後頭部は根本を立ち上げるように乾かす

まとめ

これらのことをふまえると薄毛を治し、髪のボリュームを出す最善策は「髪はシャンプーを使わずお湯で頭のパーツごとに丁寧に洗い、ドライヤーの温風は髪の根本中心にあて、髪を流したい方向とは逆に温風と冷風をあてる」ということになります。

髪そのものを増やしたいとき

もっと早く、髪の育毛・発毛を促したいときはこちらがおすすめです。「遺伝に立ち向かう」というキャッチコピーで有名ですが、23万件(現在83万件)の臨床データを元に開発されたシャンプーのスカルプD。独自酵素であるイソフラボン(豆乳発酵液)を使用、頭皮の環境を整える上で最適なシャンプーです。

以上、髪のボリュームが無くて悩んでいる時に見ると助かるまとめでした。

記事作成日: 2015年2月24日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク