目元ケアに抜群の効果あり!パッチリ目を作る攅竹(さんちく)の隠された能力

目元ケアに抜群の効果あり!パッチリ目を作る攅竹(さんちく)の隠された能力

攅竹(さんちく)

なんだか目がパッとしない、二重まぶたなのにむくんで腫れぼったい、そんなあなたにおすすめのツボ押しマッサージ法があります。

どういうふうに目元ケアをすれば分からない人必見の方法です。

※2015/03/04 追記
攅竹(さんちく)は花粉症を抑えるツボとしても有効です。内側から外側に向けて親指を使って指圧してください。

スポンサード リンク

目が腫れぼったいとお化粧してもパッとしないことがあると思います。デートや飲み会前などで「目元」はファーストインプレッションを決める第一要因。お酒やむくみによって目の周りがぼんやりしてしまっては本末転倒ですよね。

魅力的に見える人はすべからく、お目目がパッチリしているものです。また目は口ほどにモノを言うともいいますので、客観的に見ても重要なパーツです。今回は、目元をパッチリにする方法と腫れぼったさを無くす方法を記載しておきます。

マッサージ法

攅竹(さんちく)
まずは眉頭を確認してください。眉頭は鼻筋がある方です。そして目と眉頭の間にくぼんだ箇所があると思うので、その部分を親指で指圧します。このくぼんだ部分が攅竹(さんちく)と呼ばれるお目目パッチリのツボ。この時ゆっくりと少し強めに押すのがコツ。じんわりと効いてくるのが分かると思います。

出来れば両手を使い両方の攅竹を刺激するのがよいです。力を入れて押して、力を抜いての繰り返しなので簡単ですね。

効果

まずたのむくみやお目目パッチリ効果があります。またデスクワークやPCを使っている人には眼精疲労回復効果もあるという優れものなんです。シワが気になりだした人にもよいですね。

お目目をパッチリにする補足運動4つ

1.力を入れて目を閉じる
2.顔を動かさずに眼球をグルグルまわす
3.ゆっくりとウインクする
4.ムンクの叫びみたいな顔をして、目の下あたりを引き上げる

この4つの運動を取り入れることで、魅力的で美しい目元にすることが可能です。目をグルグル回すときに、唇を閉じて舌回し運動を同時に行えばほうれい線も消えて一石二鳥です。

美容維持への道は一日にしてならずといったところでしょうか。

記事作成日: 2015年2月17日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク