肌の乾燥やくすみが治るツボ!顔色が悪いときにも効くマッサージ

肌の乾燥やくすみが治るツボ!顔色が悪いときにも効くマッサージ

中脘

仕事や家事のストレスでお肌の調子が悪くなっているような気がする。高価な化粧水や乳液を使っているのに改善する気配がない、そんなお悩みはありませんか。

今回はツボを押すだけで肌の調子がよくなる方法をご紹介します。

スポンサード リンク

ストレスからご飯を沢山食べていたら太りました。夏になると特にお酒や辛いものを摂取するのでお肌の調子が悪くなりがち。先日、食あたりでもないのに急な吐き気に見まわれ1日中気分が悪かったのですが、この方法を試したところ胃とお肌の調子がよくなりました。

場所

中脘
まずは、指先を温めてください。温める指先はマッサージする側でOKです。そして次におへその位置を確認します。おへそとみぞおちの中間を探してください。

そこは中脘(ちゅうかん)と呼ばれるツボで肌のくすみや乾燥を改善する場所。肌にうるおいがもどるので、顔の黒ずみやくすみも良くなります。

他に消化不良や胃もたれなど「胃」に関わる症状も改善されます。疲れている時にこのツボを押してマッサージしてもよいです。

マッサージ

みぞおちとおへその真ん中に位置する中脘(ちゅうかん)を、指先のはらを使って時計回りにゆっくり回してください。決して強く刺激せずゆっくりと温めるようにさすります。

マッサージするときに、体中の血液が循環しドンドン体の不要な老廃物を排除しているイメージを持ってください。イメージの力も絶大なので相乗効果でお肌の調子がよくなるスピードが早くなります。

まとめると
名称:中脘(ちゅうかん)
効果1:肌の乾燥
効果2:顔色が悪い
効果3:肌のくすみ
場所:みぞおちとおへその真ん中に位置
方法:指先のはらを使って時計回りにゆっくり回します。

しばらくすると、どんどんツボが温かくなってくるはずです。このツボ押しマッサージを覚えておいて仕事の合間や休憩中に行ってください。

記事作成日: 2015年2月13日 / 最終更新日:2016年4月25日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク