脳内麻薬の出し方!エンドルフィンを分泌させる方法

脳内麻薬の出し方!エンドルフィンを分泌させる方法

endorphin

幸せを感じながら、苦痛を伴う作業でも難なくこなせたらどんなに楽でしょうか。今回はエンドルフィンを分泌させる方法をまとめました。

スポンサード リンク

ドーパミンは覚醒するホルモンですが、エンドルフィンは楽しいときや嬉しいことがあったときに分泌される鎮静作用のあるホルモン。脳内麻薬とも言われています。このホルモンは精神安定の効果がありストレス解消になります。そして苦痛を軽減し、楽しさを呼び起こすホルモンと言っても過言ではないのです。

毎日楽しく多幸感に包まれて生活したいのであればエンドルフィンを上手に分泌させることが鍵となります。今回はどういったときに、エンドルフィンが出て、どうすれば出せるのか記載しておきます。

性行為や美味しいものを食べる

油物やカロリーが高いものって美味しいですよね。それもそのはずで高カロリーなものはエンドルフィンが分泌されるようになっています。ラーメンや唐揚げを食べたときなんか、幸せを感じませんか。しかし、油物や高カロリーな食品は健康によくありませんので、ほどほどに。低カロリーで美味しいと感じたものを食べましょう。

性行為の際やおいしいものを食べたときなどにも分泌されることが分かっています。

β-エンドルフィン | e-ヘルスネット 情報提供

熱湯に浸かる

40度以上の熱湯に浸かることによってもエンドルフィンは分泌されます。これは危険を察知して熱を軽減しようとしてその結果分泌されます。

熱い湯に入ると、その刺激が脳に伝わり、β-エンドルフィンが分泌される。

エンドルフィン/脳内モルヒネ/ベーターエンドルフィン/β-エンドルフィン

チョコレートを食べる

糖分少なめのダークチョコレートを食べてもエンドルフィンを分泌させることが可能みたいです。

チョコレートは、幸福感をもたらす脳内物質の「エンドルフィン」を放出させます。

やっぱり、恋の“媚薬”だった!? キスより「脳を4倍興奮させる」チョコレートの魔力 ――愛する人へチョコレートを贈るべき7つの理由|知って得する! カラダとココロの「健康ナビ」|ダイヤモンド・オンライン

大豆、牛乳 、チーズ 、卵 、肉類 、魚介を摂取する

エンドルフィンを出すにはタンパク質が必要だとされていますが、これはタンパク質が人間にとっていかに重要であるかと言わざるを得ません。

大豆、牛乳 、チーズ 、卵 、肉類 、魚介類なんてもんを適度に摂取

β-エンドルフィン[健康象源法]

記事作成日: 2014年8月21日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク