運が悪い人必見!着実に運を引き寄せる方法

運が悪い人必見!着実に運を引き寄せる方法

qualification-76737_640_lifehack

「運よく成功した!ついてた」もしくは「今回は運がなかった、最悪だな…」など、運は人生を測るパラメータの一つとなっています。

スポンサード リンク

運の種類

不運=火種の原因を作らない。リスクを察知・回避することで、ある程度防げる。
幸運=何度もチャレンジする。行動回数を増やすことで成功率を上げる
強運=奇跡的な確率の幸福にめぐり合うことなどない。だから気にしない

例えば上記のような考え方。この世の仕組みを知りリスクを回避しつつ、行動する回数を増やすことによって強運に近づいていくのかもしれません。リスクはこの世の仕組みを勉強したり、経験や失敗することで分かります。つまりリスクを知るにも、行動が必要だということです。

オプティミズムであれ

楽観主義者は苦痛(不運)を和らげる方法を知っています。天才は努力者に負け、努力者は楽観的な人に負けるといいますが、ポジティブ思考を持つ人は「仕事を楽しめる」ようになるので技術の習得も早いし積極的に仕事を取ろうとする。

知的好奇心を持つ(intellectual)

「もっと知りたい」という欲求は技術力を高めるので強みに繋がります。また、やる気は「新鮮さ」と「好奇心」で出来ています。この2つをどんな時でも作り出せる力を持っておけば「退屈な仕事」も楽しく出来るようになります。

トラブルの原因をメモする

経営においても想定外のトラブルは必ずあります。そういった時には「ポジティブ思考」に切り替えます。「絶対イケる!」と思ったことが失敗することもある。その都度落ち込んでいたら前進出来ないので「なぜ駄目だったのか」を考えメモして再度挑戦します。

運は存在しないと知る

例えば「過去の不運のおかげで幸運の未来を手に入れることが出来た」と考えれば運は時間によって変化していくかもしれないし、受け取り方次第で「不運」を「幸運」に出来るので「運は存在しない」という考え方も出来ます。

不運時にこそ自分に問題があります。不運を引き起こした火種を知り、ポジティブに進むことが運を引き寄せる秘訣とも言えます。

記事作成日: 2014年12月3日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク