1分でできる!やる気を上げる方法

1分でできる!やる気を上げる方法

002

仕事の集中力が途切れる、始めるまでに時間がかかる。ジョギングや筋トレも長く続かない。このような「何をするにしても、やる気がでない」状態から脱却すべく、ちょっとした動作を行うだけでやる気を上げる方法をメモしておきます。

スポンサード リンク

食生活では、ドーパミンやセロトニンをしっかりとることが大切なので朝食にバナナやヨーグルト・牛乳、ランチや夕食には卵や赤身の肉、魚などをとってみます。(男性ホルモン増加!テストステロンを多く含む食べ物

環境では、早朝に15分程度の日光浴やジョギングをしたり、テストステロンを上げるためにスクワットをしたりと体を動かしてやる気を高めます。

しかし、食生活や運動の改善は効果があるものの時間がかかり、いざという時に使えない。

そんなときに簡単にモチベーションを高める方法を一つ。

それは、ポージングです。

ポージング

こちらの記事から引用させていただくと、成功したときによく見かける「ガッツポーズ」をとることでやる気スイッチを刺激するという考え方です。胸をはると猫背防止になるのでスタイルもよく見えます。脳は騙されやすいので「よっしゃー」など掛け声も同時にかけると一層効果があると思います。声はスポーツ選手が筋力を一時的に高めるために行うので信憑性もあります。ガッツポーズと掛け声を同時に行うとよいでしょう。

「ただ力強いポーズをとるだけでやる気はアップする、という研究も。 体内にテストステロンという物質が増えることで、脳の「やる気スイッチ」線条体を刺激すると考えられています。 ガッツポーズをする、ぐっと胸を張る、など、自分なりの「やる気アップ」ポーズを作って、ぜひ繰り返し実践してみてください。」

やる気低下が危険信号 脳の異変を発見せよ : ためしてガッテン - NHK

V字と仁王立ち

003
V字と仁王立ちも簡単にできて、テストステロンを上昇させることができます。つまり、男性ホルモンの一つである物質を上昇させやる気につなげる方法。

力強いポーズをした人は86%が賭けに出ます。力の弱いポーズでは60%の人しかやらず、大きな違いが出ます。テストステロンについては、実験前の値を基準として力強いポーズの人たちは20%増加し、力の弱いポーズの人は10%減少しました。2分間でこんな違いが出たのです。

「人と会う前に2分間、このポーズをとれ!」 相手の印象を劇的に変える、ボディランゲージの力(2/2) | ログミー[o_O]

体を大きく広げる

004
猿やゴリラのように体を大きく広げるポーズも有効です。

スマホのいじりすぎで自信低下!? しぐさ・ボディーランゲージが仕事に与える4つの思わぬ影響 | ライフハッカー[日本版]

つまり、ガッツポーズやV字と仁王立ちでテストステロンを上昇させることができるということになります。

短時間でやる気を高めることが可能なのでお試しあれ。

記事作成日: 2014年8月19日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク