あなたはアスペルガー症候群なのかADHDなのか。特徴をまとめてみた

あなたはアスペルガー症候群なのかADHDなのか。特徴をまとめてみた

絵を書く_lifehack

筆者は、子供の頃から落ち着きがなく、他人が5分で終わることを1時間もかかったり、ずっと空を眺めていたりしていました。注意力がないのでミスが多く、他人の気持ちを理解できないし、会話や読書中に違うことを考え上の空になったり、感情で動くようなところがあります。

スポンサード リンク

ひょっとして自分はADHDなのか、アスペルガー症候群なのか。

一つのことに関して興味を持ったのなら、1日中集中して作業に没頭することもあります。しかし、今となってはこの性格を活かし、独立して理想の生活を送っています。

今回は、ADHDやアスペルガー症候群がどういったもので、どんな特徴があり、どうやって対処すべきか、自分で対処した方法を記載しておきます。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは

029_business_lifehack

ADHDは、以下のような特徴があります。簡単にまとめると「感情的で注意力がなく、他人の気持ちを理解する能力が欠如した」社会適応に問題が出る病気です。遺伝が関係しているので、後天的に治すのが難しいとされています。

注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。

感情的な衝動性(言動に安定性がない、順序立てた考えよりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論に至りやすい)や注意力(シャツをズボンから出し忘れる、ファスナーを締め忘れるといったミスが日常生活で頻発する、など)や集中力の欠如が多い。遺伝的な要因もあるとされるため、症状は育て方や本人の努力で完治することはないとも言われている。

注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia

アスペルガーとは

037_business_lifehack

簡単にまとめると「相手の気持ちを察することができず、一方的なコミュニケーション。特定の人のみ心を開く。変化を嫌い、マルチタスクが下手。一般常識よりマイルール優先」という特徴があるようです。

特定の分野については驚異的なまでの集中力と知識があり、KY、一般人ができる普通の行為ができない。脳への情報のインプット・アウトプットが共に、健常者よりも「劣って」いる。

アスペルガー症候群 - Wikipedia

アスペルガー症候群の3障害

こちらによると、アスペルガーの子供達は、話し方が回りくどいことがあるらしいです。つまり「要点だけ抜粋することが出来ない」とのこと。また、言葉の意味を汲み取ることが苦手で、話が飛びやすい。

反復的行動やパターンを繰り返す特徴もあるらしいです。

アスペルガー症候群の子どもや大人は、(1) 他の人との社会的関係をもつこと、(2) コミュニケーションをすること、(3) 想像力と創造性の3分野に障害を持つことで診断されます。

「アスペルガー症候群を知っていますか?」Web版・日本語 | 自閉症を知る | 東京都自閉症協会

アスペルガーとADHDの違い

では、アスペルガーとADHDの違いを比較してみましょう。以下の参考サイトから、要点だけ抜き出し引用しました。深く知りたい場合は参考サイトをご覧ください。

ADHD アスペルガー
すぐ飽きる、気分屋。変化好き 一人の時間が大事。保守的
ミスや忘れ物が多い 決まったルールでないと不安
場合により空気は読める KY
アイデア好き。集中力に欠ける 決まった作業が好き。集中力と記憶力の異常。
計画、整理整頓が苦手。モノを捨てられない マルチタスクが苦手
気分は不安定 不安になることを避ける
女性に多い 男性に多い

ADHDなのか、アスペルガー症候群なのか - 上手に悩むとラクになる - アピタル(医療・健康)

ADHDとアスペルガー症候群との比較

ADHDの特徴

また、このような特徴が何個も当てはまる場合、ADHDである可能性があります。

  • 大切なことを後回しにして、別のことばかりしてしまう
  • じっと座っていることが苦痛
  • モノを無くしやすい
  • 期限ギリギリ
  • 思いつきで行動
  • 話の腰を折る
  • 遅刻グセがある
  • 優先順位が分からない
  • 物事の要点がわかりやすい
  • 感情的な発言をする
  • 変わっていると言われる
  • 一つの作業に没頭したら、1日中やれる
  • 仲間を作るのが下手、作ろうとしない
  • 変なこだわりが強い
  • 頑固で変化を嫌う
  • 冗談が通じない
  • 音に敏感
  • 空想世界に没頭しやすい
  • 規則的なもの好き
  • 目を見て話すことが出来ない
  • 一方的に話す
  • 興味ないことについて話さない
  • 飽きやすい
  • ギャンブル依存
  • 指示が苦手
  • そそっかしい
  • 考えず決断する
  • ぼんやり考え事が多い
  • ヘビースモーカー
  • 方向音痴

などなど、プラスもあればマイナスもあります。

創造的で精力的な障害~成人のADHD | 依存やトラウマのカウンセリング-埼玉・立川・八王子

大人のADHD

大人のADHDの特徴とは - 上手に悩むとラクになる - アピタル(医療・健康)

【大人のADHD】注意欠陥/多動性障害(ADHD)簡単診断セルフチェックリスト。あなたはどう? - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

ADHDチェックリスト

意識的に改善するために

遺伝だと思って諦めることはありません。改善するためには「自分の欠点を受け入れ、治す努力をすること」です。筆者は上記のような欠点を克服するために以下のようなことを意識的に行い、改善に至りました。

  • 忘れやすいなら、目に入る位置にメモを貼る
  • 計画するのが苦手なら、超短期的な計画を立てる
  • 感情的なら、一旦頭の中で整理して深呼吸する
  • 優先順位が分からないなら、人に聞く
  • 期限を守れないなら、最初にやる
  • 話の腰を折るなら、最後まで聞く
  • ずっと座っているのが苦痛なら、立ち仕事に転職する
  • 他人の気持ちが分からないなら、心理学を勉強したり、他人と交流する
  • 方向音痴なら、前もって地図を調べておく

分かっているのに治せなくても、いつも意識することで少しは改善できるかもしれません。

記事作成日: 2014年10月28日 / 最終更新日:2015年2月3日

※NAVERまとめ他、あらゆるサイトへの転載を禁止しております。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)を行い、損害賠償請求(著作権法114条)、差止請求(著作権法112条)、不当利得返還請求(民法703条、704条)を行います。

スポンサード リンク